FC2ブログ
2019年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

2019.02.12 (Tue)

朝「すき家」で夜「吉野家」、いっそ昼の「松屋」に行きゃネタやった

 8日(金)寒波がやって来た、前日まで暖かかったから老体に堪えます。

ちょっと家を早く出すぎたから、どっかで時間調整せにゃならぬ。

駐車料金のかからんトコっていうと「すき家」になってまうねんな。
P1170619.jpg

生卵はお新香に替えられるとスカ師匠が教えてくださったので早速実践です。
P1170620.jpg   P1170621.jpg

白菜ちゃいました、ほぼキャベツの漬物やん。

すき家は味付け海苔が一番美味しい牛丼屋さんですね。

奥を送って家に帰り着いたら、

ご飯もオカズもあったから芝居に行かんのにテキトーにお弁当詰めて

天満へ出勤。

午後1時過ぎ、独りメシ。
P1170622.jpg


帰り道、「松屋」の番やったけど変則ローテで「吉野家」を選択。

こんなん見たらつい頼んでまった。
P1170625.jpg

P1170626.jpg

何のこっちゃない、今までなかったのが不思議な定食。

バラで頼むよりお得みたいですけど生卵が誤算やった。

牛皿とご飯、味噌汁でよかった、いつもの牛丼汁ナシがベスト。
07:19  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2019.02.11 (Mon)

朝モスも巡回コースに組み入れよっかな

 7日(木)久しぶりに朝モス寄ってみようと意見が一致しました。

ハンバーガーチェーンでは一番好きなのよ、っていうか他のところ行きませんが。

スポーツ紙が置いてあるのもエエねん。(スポニチと敵YG紙やけど)

BLTチーズバーガー&コーヒーで510円の朝モス価格。

持って来てくれます。
P1170611.jpg  P1170612.jpg

奥はトーストモーニング330円。

やっぱバンズもいいし野菜が新鮮で美味しいな。


 お昼は奥が作ってた弁当オカズの残りを詰めて、

オニギリ作って観劇弁当の完成。
P1170614.jpg

観劇モンスターNっしゃんがこの日から来阪。

ご飯が足らなかったからNっしゃんの分 作れんかったゴメンしてね。



朝日劇場で一緒に劇団十六夜を観劇。

外題は「明暗三度笠」、肩の凝らない大衆演劇らしいお芝居。

仏一家の親分(大川翔健)の二人のムスメの上のお嬢さん(市川美叶)に

せなとせなの間柄の曙の親分(市川千也)が一目惚れ。

待ち伏せて子分(大川龍介、市川夢叶)に襲わせ、そこを助けて惚れられるという

筋書きを立てたのはよかったが、生憎の深い霧で一寸先も見えない。

襲ったものの辻堂から出て来た旅人(座長 市川叶太郎)に邪魔される。

お礼に仏一家に厄介になることになる旅人。

一家には上のお嬢さん(名前忘れました)と恋仲の半吉(市川千太郎)がいて

筋はまぁこのくらいにしとこ 誰も読んでないから。(自虐的)


夜は「十八番」で⑰豚肉とキクラゲ、玉子炒め650円。
P1170615.jpg

P1170616.jpg
脂っこいけど美味いのぅ。

07:30  |  大衆演劇  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2019.02.10 (Sun)

カラスの女房と銀座のカラスは許せるけどなぁ

 6日(水)奥を送って家に戻ってきて炊飯器のほうに視線を送ると

ご飯炊けてる気配。

冷蔵庫開けたらオカズはありませんでした~。

で、シャウエッセンを卵2個で包んでオムレツ風。
P1170603.jpg

日曜日にトメさんから貰ったコレを味噌汁代わりに。
2P1170601.jpg  P1170602.jpg

P1170604.jpg  P1170606.jpg
何か胃に優しいお味。


駅に向かう途中、黒い例の奴がたくさん居った。

わが町は水・土が生ごみ収集日、ネットをしっかり被せて重しを置けば来ないのに

急いでる人がちょっと手を抜いただけで相当エライことになるのよ。

それにしても不気味や真っ黒ってのが。


お昼は簡単に残り物で済ませといた。
P1170607.jpg

ラスト崎陽軒と若ごぼう煮、おでんも食べりゃよかった。


十八番の翌日は「松屋」、このローテが定着しつつあるな。
P1170608.jpg  P1170609.jpg

豆腐だけもっと硬いのにしてくださらんかな。

この日も乗り越してる、最終じゃないと気が緩むのかしらん。
07:45  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

2019.02.09 (Sat)

朝日劇場で「劇団十六夜」,今月はココがイチオシ

4日(月)ご飯が、炊けてましたー。

お弁当残りオカズで美味しく朝ご飯いただきました。(この日はオカズ多いで)
P1170585.jpg

ごっつあんです。


おでん作りが一段落したので昼ご飯にしよ。

P1170589.jpg
レトルトカレーだけどこれ気に入ってる。

P1170592.jpg

夜は何を食べたんか まったく思い出せません。

加齢のせいでしょうか。



 5日(火)ご飯は炊けてたけど、お弁当にするから

朝はサッポロ一番醤油ラーメン作った。

塩と味噌ばっかり食べてるから ごっつ久しぶり、撮り忘れたけど。

シンプルな味ですわ。


お弁当は、鮭塩焼、ポテサラ、崎陽軒のシウマイ、明宝ハムと玉子、しっとりタラコふりかけ飯。
P1170594.jpg


朝日劇場で劇団十六夜公演です。

お芝居は「男の花道」、役者加賀屋歌右衛門(座長)と 眼医者土生玄碩(市川千也)の

男の友情が描かれます。

11月に「たつみ演劇BOX」が梅田でやったのを観てたから

筋書きは知ってました。

たつみは特選狂言でロングにしてたけど こちらはコンパクト。

劇団員の構成によって場の設定を変えてますね。

男優が少ない十六夜は二役も多くなります。

劇団ごとの味付けが異なるから、あとは好みの問題かな。

十六夜もきっちり仕上げてるけど、劇中劇のシーンの迫力はTEBが上。


 
今週のハーフは、内容も価格もストライクじゃない。
P1170598.jpg

ので、600円の麻婆茄子定食。
P1170599.jpg  P1170600.jpg

お腹いっぱい、寝過ごさないようにしないと。


※ かくれ処「めんじい」からのお知らせ

  2月11日の祝日は、臨時休業とさせていただきます。m(__)m
07:39  |  大衆演劇  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2019.02.08 (Fri)

芝居の後は呑み歩き、色々あるから面白い

3日(日)つづき、

まだ開いてるかなぁと期待して「新ちゃん」再訪。

終わってましたー。

あーぁ、今度は11時前に来よ。

 そのすぐ近くに大衆食堂発見、入ってみましょ。
P1170553.jpg

「保ちゃん食堂」ってお店でつ。

4時近かったからなのかオカズケースは空っぽ。

丼物と麺類でやってるみたい、ワタクシ達は酒~なので、

カウンターに残ってた?  鰯の塩焼きを2匹(全数です)。
P1170555.jpg

そのお隣りの千切大根ようなんも。
P1170554.jpg

町の食堂ってこんな店アチコチにありましたな。

餃子の口になってたから、5時過ぎに「大連」さんに行くことにして、

「鹿児島屋」さんで時間調整。
P1170557.jpg   P1170558.jpg

ここのお母さんも大衆演劇好きやから楽しかったなぁ。

雨降って来たし4人やったからTAXIでミナミ塚口までビューン。

「大連」到着です。
P1170559.jpg

メニュウは多いけど、頼むのは決めてました。
P1170563.jpg   P1170562.jpg

P1170561.jpg

ほな餃子と春巻だー。

メニュウどこ見ても春巻見つかりませんでした。

「春巻ありますぅ」って聞いたら、

『ないんですよ』って返事が返って来た。(ショボーン)

カンパイからの

小エビ天1000円。
P1170565.jpg

ニラきも炒め700円。
P1170566.jpg

揚げそば650円。
P1170568.jpg

餃子300円×2。
P1170567.jpg   P1170569.jpg

餃子は焼き色ええけど、皮柔らか過ぎ。

餡もベチャっとしてワタクシ好みではなかったな。

唐揚げで有名なお店で前から来たかったんよ。

炒飯とか海老ソバとか食べてみたいな。


 雨の中を歩いて塚口まで、ラストは「じんべぇ」さん。
P1170570.jpg   P1170578.jpg

カンパーイ、(何回すんねーん)、「きろく」の前割り。
P1170573.jpg

P1170571.jpg

付き出しはアカンやん。
P1170574.jpg

本マグロ造り。
P1170576.jpg

カニクリームコロッケ。
P1170575.jpg

ここで解散して帰宅したら 予想外の巻き寿司。

洋風ハーフ三本組、右端のん一本食べた。(一人で)
P1170580.jpg

P1170583.jpg  P1170584.jpg
豚焼き肉味やった。

巻寿司も進化?してるんかいな。

劇場でもらった福豆。
P1170587.jpg

節分の決まりごと全部クリアしとる。
07:48  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)  |  編集  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT