FC2ブログ
2020年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2008.11.19 (Wed)

紅葉の効用で気分も高揚

 今日は職場の有志の旅行で、神戸市西区の 天然ラジウム温泉

「なでしこの湯」さんで 宿泊宴会。

 神戸市西区 伊川谷町前開270-1 ℡078-977-0261

 到着後、温泉で汗を流した後は、お座敷で カンパーイ。

 90分間飲み放題バトルの始まりです。

 最初、このお膳ちょっと淋しいなぁと思ってたんですけど、ビールが

ピッチャーやからまぁええわ。

2008_111717110062.jpg
和牛の朴葉焼き、このお味噌を絡めて食べます。ウッマーイ×3くらい。

2008_111717110067.jpg
鱈の幽あん焼って聞いたような。2008_111717110068.jpg
ごくフツウー。

2008_111717110069.jpg
フカヒレののったレンコン饅頭でしょうか、ようわかりません。

2008_111717110070.jpg
天ぷら盛り、蛸の酢何とか、あとは忘れましたが、料理は出来立てを出して

くれたので、大満足です。ご飯も栗ご飯を各自の席で炊き上げてくれたので、

美味しかったです。

 夜遅くまで、部屋でウダウダ飲み続けて、朝のバイキング前にカンパーイ。

なかなかいい宿でした。三宮から30分でこんな温泉があるんやね。

 さて、翌日の行動はというと、いくつかのプランの中から選択されたのが、

布引ハーブ園。

 まず、新神戸まで戻って、ロープウェイ(神戸夢風船 片道550円)でハーブ園へ。

2008_111717110080.jpg
山と海が迫っている神戸は、高いところからの景色がいいですねぇ。

紅葉もこのとおり。2008_111717110084.jpg2008_111717110087.jpg



さぁ、降りましょう。布引の滝(ウーン、養老の瀧がええわ しんど)2008_111717110092.jpg


布引貯水池。このぐらいから膝が痛くて、新神戸に着いたころにはもうヘロヘロ。

 でもお腹は空いているので、タクシーで南京町へゴー。

 ウワッ、スゴイ観光客の数です。ここは不景気とは無縁なんでしょうか。

同じようなお店が続いているんで迷いますが、無難に有名店の「群愛飯店さん」に

突入。2008_111717110101.jpg
(じいだけだと、もちょっと失敗を恐れない選択をするのですが)

 じいは海鮮焼きそばを注文、2008_111717110098.jpg
他には天津麺、牛バラ汁ソバ、点心盛、麻婆豆腐、2008_111717110096.jpg


小龍包2008_111717110097.jpg2008_111717110095.jpg

、五目炒飯とビールを。カンパーイ。

麻婆豆腐以外は、美味しかったです。(好みの問題ですが………)最高やー、までは

いきませんでしたが、中華街の雰囲気も楽しめて良かったです。



 
スポンサーサイト



18:34  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)  |  編集  |  Top↑

*Comment

■神戸

朴葉味噌焼きってメチャ美味いですね。
ご飯ならなんぼでも食べられます。
温泉入って泊まって、美味しいもん食べて
エエ時間を過ごしはりましたね。
まさる |  2008.11.19(水) 22:55 |  URL |  【コメント編集】

充実した1日だったみたいですね!
あっ!二日でしたか!
小龍包と焼きそばが、目をひきました!
旨そう~です!
やじきた |  2008.11.20(木) 07:35 |  URL |  【コメント編集】

まさるさん

久しぶりに、のんびりしましたわ。いつもは

呑むのが忙しいもんで。まいどおおきに。

やじきたさん

神戸は、夏の新開地からみなとやさん以来ですわ。

大阪とは、空気がちょっと違います。遠出した気分

にさせてくれます。30分で着くけど。おおきに。
めんじい |  2008.11.20(木) 20:37 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://10251218730.blog64.fc2.com/tb.php/41-7289ce93

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |