FC2ブログ
2021年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2021.04.14 (Wed)

8ヵ月ぶりの京橋羅ぃ舞座、近江飛龍でスカッとしたかった

 9日(金)昨晩9時過ぎに寝たから、起きたら午前2時半でした。

トイレに行ったら もう眠れなくなったので朝用の超熟ドッグ作りませう。

卵を茹でてキャベツの千切りを炒めてカレー味にしまんにゃわ。

出来たー、ブログ更新したら眠くなって来たぞ。
IMGP7653.jpg IMGP7654.jpg

7時過ぎ、奥がトースターで焼いてくれたカレーキャベツとシャウエッセンのん

撮れてなかったわ。(´;ω;`)ウゥゥ


 奥の今回の腰痛は少し酷くて、階段の昇り降りもしんどいというので、

ゆっくり養生しときやと言い残して観劇に出かけたワタクシ。

午前11時、京橋の朝から開いてる「丸徳」で集合。
IMGP7655.jpg

ここは安くはないけど、なにを頼んでも 美味しかったわ。

若ごぼうとヌタ。
IMGP7656.jpg  IMGP7658.jpg

天盛りと麻婆豆腐。
IMGP7659.jpg  IMGP7660.jpg

肉豆腐と骨センべイ。
IMGP7657.jpg  IMGP7662.jpg

ポテトフライ。
IMGP7661.jpg

スイッチオンして京橋羅ぃ舞座、今月は「近江飛龍劇団」。

大衆演劇界の異端児 近江飛龍、生で見るのは久しぶり。(YouTubeでいつも見てる)

お芝居は「神崎与五郎 兄の情け」、百姓から侍になった神崎与五郎(近江春之介)が討ち入りの前に

兄(近江飛龍)に別れを告げに来る。

神崎与五郎は馬喰の親方との掛け合いで堪忍袋を堪えて、詫び状を書く

「神崎与五郎 東下り」が有名なので この芝居は初めて。

筋自体は単純で、ワタクシ速攻で寝落ち、最後の場面はしっかり見たけど

かなり大仰な芝居、くさいっていうかヤマ上げが過ぎるかなぁ。

劇団KAZUMAから柚姫 将が入って橘 小寅丸の穴を埋めてるけど

近江飛龍以外が覇気が無いというか やる気が伝わって来ないのよ。

ショーの構成も一本調子で、昔日の面影がないのが残念。

集客にもハッキリ表れてる、お客は敏感やわ。

浪花三之介先生が達者で踊ってたけど、芝居で観たかった。


 さぁ、芝居終わりの反省会、この日はよう呑んだで、

途中からOさんが合流したから なるべくしての結末。

ちゃんと帰れたからヨカッタ。
スポンサーサイト



07:29  |  大衆演劇  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://10251218730.blog64.fc2.com/tb.php/3875-23b532b2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |