FC2ブログ
2020年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2020.09.16 (Wed)

橘劇団、座長橘大五郎の魅力で羅い舞座は大盛り上がり

  12日(土)朝ご飯は無さそうだったのでワタクシがチャリで「ベーカリー ハナ」へ。

時間が良くなかったのかお目当てのパンは売り切れてた。

最初はこのパンで済ますはずだったけど、あんパンを半分こ追加。
IMGP6362.jpg IMGP6365.jpg


乗り換え案内で調べて、京橋へ出発。

KIKI京橋の一階で落ち合って羅い舞座の座席を確保して

観劇前に「毛利や 串よし」でランチ。
IMGP6367.jpg

ワタクシは串カツ定食(7本)750円(税込)を注文、ご飯・サラダ・味噌汁はお替りも出来ます。
IMGP6371.jpg

串カツ5本の定食にすると出し巻が付きます。
IMGP6370.jpg

けど、ここでイチオシなのは唐揚げ定食860円。

最初に唐揚げの個数を5個から30個の好きな数頼めるんです。

もちろん一回切りで追加は出来ず、残したらペナルティで1個につき

80円支払わねばなりません。

ワタクシが見た唐揚げのサイズがかなりデカい。

時間制限もなかったので、大食漢の方はチャレンジしてください。


 そして「橘劇団」初鑑賞、若干33歳にして九州演劇協会会長の座長 橘 大五郎。

少し小柄で声が高めな気もしましたが、さすがの振る舞い。

女形も綺麗に踊るし立ち役も恰好エエ。

芝居は「見送る親子」、人情芝居で力量が問われるお話。

この劇団では大昔にやったらしいけど、今回は橘小次郎が書き直しての

復活狂言でした。

江戸の大店「江戸屋」の若旦那新三郎(副座長 橘 良二)は、旅先に乗せてもらった漁船から

海に転落。

自分を救ってくれた娘おしん(條かずみ)の家で母おふじ(小月きよみ)と三人暮らし。

その介抱を受けて元気になった新三郎はおしんと恋仲に。

おしんは新三郎の子を身ごもり、それを知った新三郎は店を捨てて漁師になると

おふじから夫婦の許しも得て、おしんの作った弁当を食べようとしたとき

水がないから水を持って来るとその場を離れたおしん。

 そこへ江戸から弟の佐太郎と店の者がやって来て、おとっつあんが病の床に就いたと

無理から連れ帰らされてしまうのであった。

その場に戻って来たおしんは、残された弁当を見て泣き崩れる。

 幼馴染みの遊び人亀吉(橘小次郎)が、俺は昔っからお前に惚れてたんだ

俺と夫婦になれとおしんを力づくで押し倒そうとしたとき、遊び人伊之助(橘大五郎)が登場。

おしんの窮地を救う、ここで幕。

舞台は変わって二年後、伊之助はおしんと所帯を持ち、生まれ変わったように真面目に仕事をして

生まれた娘加江(子役 條かずみの娘)と四人で仲良く暮らしていた。

おしんは身重であることを隠して二人は夫婦になり、以前の村も出ていたのだった。

祭りの日、伊之助のもとに亀吉がやって来て『あの娘はお前の子じゃない、八月で産まれたじゃないか』と

産婆さんの元へ行くように勧める。

 そこへ江戸から新三郎が訪ねて来て・・・・・・・

戻って来た伊之助、お前たち俺を騙していたのか、俺はお前たちを許さないと

殴りかかろうとする。

そこへ娘加江を抱いたおふじが出て来て、振り上げた拳をおさめる伊之助。

家から出ていった伊之助が戻って来た時、その手には三行半の離縁状。

親子三人江戸に帰れと涙で見送る。

娘と孫がいなくなった家で泣き崩れるおふじ、伊之助優しくお袋さん、いやおっかさん

これからは俺たち親子で暮らそうじゃないかと。

チョーン、ちょっと無理くりな筋と思えなくもないが、大五郎をはじめ

役者がみんな上手いからワタクシ涙ポロポロ。

この芝居は他所でも観てるけど(細かいディテールは違う)、よう練れてました。

ショーは期待したほどの盛り上がりなかったかなぁ。

総座長の橘 菊太郎も見れたし、 さぁ、反省会に行きましょか。








スポンサーサイト



07:23  |  大衆演劇  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://10251218730.blog64.fc2.com/tb.php/3664-b1887a2d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |