FC2ブログ
2020年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2019.02.25 (Mon)

朝日劇場劇団十六夜特別公演「三婆」を観た日

 20日(水)朝から3/5個目のチキンラーメン。

P1170869.jpg
時間があるときは専用丼を使います。

P1170871.jpg  P1170874.jpg
栄養のため、追加トッピングもしとこ、ほうれん草、ベーコン、玉子。



食べ終わったら急いで天満で買い物済ませ、11時半には

朝日劇場に着きました。


予約で席押さえてたので、マルさんトメさんと「酒の穴」で前呑み。

開演5分前に劇場に戻って来るとワタクシの席に見知らぬオバサンが鎮座しとった。

係りの人に頼んで退いて貰ったけど、名前貼ってる席に座るとはエエ根性してまんな。


三河家 諒、藤乃かな、劇団心座長 碧月心哉をゲストに迎えて

劇団十六夜特別公演「三婆」の開幕です。

有吉佐和子原作のこの芝居は、商業演劇でも大竹しのぶ、渡辺えりが今年もやってます。

さぁどんな芝居になるのでしょう、両怪女優の演技に注目です。


金融屋の武市浩蔵が神楽坂の妾 駒代(藤乃かな)宅で急死するところから

幕が開きました。

北沢の正妻 松子(三河家 諒)は専務の重助(碧月心哉)に命じて

遺体を引き取ります。

死後、浩蔵に多額の借財が発覚し、渋谷に住む妹タキ(市川叶太郎)の家と

本宅の裏庭を処分して返済したもんだから

タキが本宅に自分にも済む権利があると乗り込んでくる。

妾の駒代も新橋のお店が開店するまで ひと月だけ住まわせて欲しいと転がり込む。

松子は女中お花を使って、あの手この手で二人を追い出そうとするが

まったくうまくいかない。

いずれは松子の養女になれるとのアテが外れたお花は出て行ってしまう。

ここから三人の思惑が交錯して次々と騒動が持ち上がります。

本妻の矜持を振りかざし気位の高い役を三河家諒が憎憎しく演じます。

蓮っ葉な役をやらせたら右に出るものが無い藤乃かなが花ざくろの女房役

を思わせるだらしなさでお見事。

吝嗇で強欲な行かず後家を叶太郎が気味悪く演じます。

芸達者の三人がギッシリの客席を沸騰させます。

そこへ鳥取の息子の元に帰っていた重助が追い出されて戻って来て、

4人の奇妙な生活が続いて・・・・・・・

一旦 幕が降り、

再び幕が上がると20年後、お花が懐かしさもあって訪ねてくると、

老爺、老婆になった4人の役者が・・・・・・・・

面白かったー、けど長すぎたわ。

2時間20分越えの芝居でした、舞踊ショーまで観てたら間に合わないので

藤乃かなの女形だけ見て泣く泣く劇場を後にしました。


P1170877.jpg
あまりの空腹に耐えかねて、頼むはずの無かったハーフ&ハーフをば。

P1170878.jpg

アカン大きな鶏肉を2個も残してしもた。
スポンサーサイト



07:11  |  大衆演劇  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://10251218730.blog64.fc2.com/tb.php/3163-84a07895

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |