FC2ブログ
2020年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2018.12.26 (Wed)

澤村真吾は何度見ても上手い、年輪は伊達じゃありません

 21日(金)お弁当の日だったんや、ほうれん草とポークビッツ好きや。

味噌汁(フリーズドライ、だいぶ減って来てます)だけ作って いただきます。
P1160835.jpg   P1160836.jpg

お昼は、京橋羅い舞座でファミマサンド。
P1160837.jpg

もう一個明太マヨおにぎりも。


 春陽座の芝居は、「暴れ行灯」。

5月に松丸家で観たことのある話、人情もんでよかった記憶。

目が見えなくなって息子の帰りを待つ親父藤兵衛(澤村真吾)と

その息子を斬ったのに息子と勘違いされて止む無く息子藤太郎(二代目澤村心)の

掛け合いが見事。

もうこのままハッピーエンドでいいのに、息子の兄弟分兼五郎(三代目澤村かずま)登場で

すべてぶち壊し。

ここにいるのは息子の藤太郎じゃねえ、息子さんを斬った秋太郎ってヤクザだと。

 だが半年の生活で二人には、親子の情愛が芽生えていた。

許嫁のおつゆ(澤村みさと)も秋太郎のことを藤太郎として好きになっていた。

決して騙すつもりじゃなかったんだ、俺を斬ってくれと言う秋太郎。

秋太郎を斬ることなど出来ない藤兵衛とおつゆ。

それじゃ俺がと兼五郎が斬りかかる。

兼五郎に殺さないでくれと縋る藤兵衛。

その姿に刀を収めて、幸せに暮らせよと去って行く兼五郎。

チョーン。

松丸家では父親を母親に替えて松丸家みすずが熱演してたっけ。

舞踊ショーの構成もメリハリがあって、飽きさせない工夫が随所に。

ソロが続いたり演歌が続いたりする劇団もあるからね。


店に戻ったら、足ふきマットのところに銀行の封筒が置かれてた。

何が入ってるのかと見たら、
P1160838.jpg

大衆演劇の入場券、でも何も書かれてない。

誰が置いてくれたの?

ワタクシが大衆演劇ファンって知ってる人に違いない。

今月のチケットやから行けるかどうか分かりませんが

ありがとうございます。

夜、片付けしてたら最終になって晩ご飯抜き。

スポンサーサイト



07:34  |  大衆演劇  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

*Comment

雪の降る日に、売れ残った笠をお地蔵さんにあげたんじゃないの?
N |  2018.12.26(水) 09:26 |  URL |  【コメント編集】

■そんな場面あったかな

なかった筈やけど、もしかしたら寝てたかなと。

めんじい |  2018.12.28(金) 17:57 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://10251218730.blog64.fc2.com/tb.php/3102-7011ff1a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |