FC2ブログ
2020年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2018.10.28 (Sun)

松丸家もあと一週間、って何回観とるねーん

24日(水)朝起きたらお腹空いてなかった、当たり前やな夜中食べとるもん。

ご飯が炊けてたので、手抜き弁当。(ほぼ冷凍食品)
P1160057.jpg

豚カツ、シューマイ、スパすべて冷凍。

キクラゲ天とアスパラを入れただけ。

これはNっしゃんには恥ずかしいから自分の分だけで。


この日の松丸家は「能登の姉妹 夜鴉お蝶」

お蝶(座長)とお琴(松丸家ちょうちょ)は、実の姉妹。

4つのときに幼女に出されたお琴、二人は姉妹であることを知らない。

武家 常盤小次郎(松丸家翔)の腰元として勤めていた。

母堂(松丸家美寿々)は、お琴と小次郎を一緒にさせる。

ところが、お蝶は小次郎といい仲でお腹には四ヵ月の子を宿していた。

お琴とではなく私と一緒になってと哀願するお蝶。

お前とは遊びだと振り切る小次郎。

その話を聞いていたご母堂にも縋るが、お前のような身持ちのよくない女は

家風に合わない、どうせお腹の子も倅の子じゃないんだろ、

お前に言い寄ってる松山(せんと郁哉)の子だろうと冷たく突き放し、

持っていた短刀でお蝶に切りかかる。

 ところが、もみ合いになってお蝶は母堂を殺めてしまう。

 その後は、お腹の子を育てるため 夜鴉お蝶という盗人になって

役人に追われることに。

小次郎は能登の代官になり、お琴とともに父親の目明かし(咲田せいじろう)の元を

訪ね親子名乗りをする。

追われて親元にやって来たお蝶、憎っくき小次郎夫婦を切り捨てる。

お前が殺したお琴は、4つで養女に出したお前の妹だと父親から

告げられ涙するお蝶、幼子がいるから見逃してくれと父親に頼むも

どうせ逃げられない、この子はわしが育てるから番屋に自首せいと言う父親。

妹に手をかけた後悔と子どもと離れ離れになる悲しみを全身で表現する座長。

なかなかに力の入った芝居でした。

三下(松丸家こもも)が夜の部ではお蝶をするらしい、

こももで見たかったな。


夜、営業終了しての帰り道。

P1160058.jpg
今週のハーフ&ハーフは好みじゃない。

でもお腹は減ってた。

㊿焼きそば定食500円。
P1160059.jpg

来たー。
P1160060.jpg

この焼きそばに白ご飯が合うのよ。
P1160061.jpg

ご飯半分残したけど。

スポンサーサイト



07:00  |  大衆演劇  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://10251218730.blog64.fc2.com/tb.php/3042-423eb2b3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |