FC2ブログ
2020年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2018.10.22 (Mon)

劇団松丸家、今月は他の劇団行かれへん

18日(木)朝、ご飯は炊けてない。

冷凍庫見たら、美味しそうな焼きおにぎりが鎮座してた。

二個にしようか三個にしよか。
P1150972.jpg

豆腐とワカメの味噌汁作って、おにぎり2個と。

しょうゆ味が美味しいねぇ。


昼は、家から持って来たサッポロ一番味噌ラーメン。

この袋麺が美味しい~。

キャベツと愛するポールウインナーIN。

夜、ドリンクのみ。



 19日(金)朝抜きで出動、お弁当作っていそいそとオーエス劇場。

劇団松丸家公演です。

この日の芝居は、新版 滝の白糸 悲恋夫婦橋。

時代は明治、銚子から東京の大学で法律を学ぼうと志す水野佐一郎(座長)。

途中の下総佐原で無一文になり、夫婦橋袂の炭焼小屋でうたた寝。

売れっ子芸者こしん姐さん(松丸家こもも)が太鼓もちの久助と通りかかる。

こしんに執心の土地の大物 大田黒(咲田せいじろう)が追ってきて、

自分の囲い者になれと迫る。

 そこへ出てきた佐一郎、大田黒を追い返して こしんを助ける。

ありがとうとかけ寄るこしん、目と目が合ってお互いに一瞬にして気持ちが

通い合う。

大学の学費や仕送りをさせて欲しいという こしん。

貧乏学生の佐一郎、その申し出をありがたく受け入れて東京へ。

こしんの仕送りと励ましの手紙で無事、卒業して検事になった佐一郎。

こしんからの便りが途絶えたのが気になり、佐原を訪ねてみると。

言い寄る大田黒と揉み合いになった こしん、大田黒の持っていた

六連発で誤って大田黒を殺してしまう。

人殺しがこの辺りにいると警官二人(美寿々とせんと郁哉)がやって来る。

炭焼小屋に隠れていたのは、こしん。

佐一郎涙でこしんに手錠をかけながら、検事を辞めて こしんの弁護をすると言い
佐一郎
夫婦橋を二人手を取って・・・・・・

途中で結末が分かったので寝落ち。

うーん、芝居が長すぎる。

90分はゆうに越えてたなぁ、松丸家の丁々発止のやりとりの芝居がみたい。

副座長になってから、ちょっと羽目を外さなくなったのか せいじろう。


夜、お腹減ってたのでまた寄ってしまった「十八番」。

天半焼きそば600円にしよ。
P1150979.jpg

P1150980.jpg

白ご飯の方がよかったー、この餡はアカン。

もたれる~。
スポンサーサイト



07:26  |  大衆演劇  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

*Comment

私も「悲恋夫婦橋」夜の部観ましたが、芝居巧者の松丸家にしてはハズレな感じでしたよね。三枚目夫婦役のちょうちょと翔が頑張ってたけど。
送り出しでせいじろうにカツ入れてやってくださいよ、めんじいさん。
お江戸の姐さん |  2018.10.22(月) 12:39 |  URL |  【コメント編集】

■お江戸の姐さん こんにちは

見てたんですか?

この日の帰りに副座長になってちょっと芸風変えたの、

アドリブばんばん飛ばしてくださいって頼んだら、

早速昨日(日曜日)せいじろう暴れまくりを楽しめました。

おまけに滑ったら、舞台から『この人がやれって言うからやってるのに

ダダ滑りや』と弄られました。

あーぁ面白かった。
めんじい |  2018.10.22(月) 14:09 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://10251218730.blog64.fc2.com/tb.php/3036-8eca26c1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |