FC2ブログ
2018年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2018.08.27 (Mon)

プラス500円で愛京花、長谷川武弥が観れるのは安い!

 22日(水)芝居に行く日、カレーも作らなアカンかったので

朝ご飯も食べずに(前夜十八番行ってるしね)、8時過ぎには天満市場着。

カレーの段取りが出来たのでお弁当作り。

P1150336.jpg
ポテサラの残りとゴーヤとソーセージ炒め、チンミンチカツ、玉子焼、わさびふりかけ。

チンご飯の180gが少ないなぁ。


オーエス劇場の劇団大川に長谷川劇団から

愛京花総座長、長谷川武弥座長がゲスト。

座席予約してもらってたので、ギリギリについても安心です。

やっぱお二人の人気で昼から大入りでした。


芝居は「拝領妻」。

いろいろな劇団で演じられているみたいで設定も様々。

馬方の榊原源次郎(椿裕二)には末を誓った菊枝(愛京花)という女がいた。

それを見初めた女好きの藩主(長谷川武弥)が、菊枝の兄(大川忍)に側室として

差し出せと迫る。

源次郎の母(夢路恵美)も嘆願するが、領主の命に逆らうことなど出来ず

源次郎の妹(大川礼花)を菊枝の下女として差し出すことを願い出る。


 ところが菊枝は、藩主の言うことを聞かず気がふれてしまう。

己の思うままにならず怒った藩主は、斬り捨てようとするが思いとどまり、

源次郎に拝領妻として身受けさせる。

源次郎の優しさで元どおりの体に戻り親子4人で仲良く暮らしているところへ、

「上意」文を持った菊枝の兄(藩主の側用人に出世していた)や家臣が、

気がふれたのは自分の元を去るための芝居と邪推した藩主からの

菊枝を戻せという一枚の紙切れ。

連れて行かないでとすがる母を一刀両断バッサリ斬る兄。

そして菊枝は城内に連れて行かれてしまう。

家に戻った源次郎、妹から事情を聞き城内へ。

こんな殿様なぞ人間じゃねぇと斬りかかり、本望を遂げるが

自分も殺されてしまう。

悲しいお話です、結末が分かったので最後はビールの力で寝落ち。

舞踊ショーも大川単独より華があってよかった、

来月は十三遊楽館に来る武弥座長に、十三に行くからと握手して

天六に戻り営業。

遅くなったので、何も食べずに帰宅。


夜中にトイレに降りたついでに空腹を満たすため、こやつをズルズルー。
P1150338.jpg  P1150339.jpg

P1150341.jpg  P1150345.jpg
酸っぱ辛くて美味しいねぇ、ワタクシこんな味大好きです。


目が冴えてしまったので、録り置きの「健康で文化的な生活」を見ました。

視聴率で苦戦しているらしい、よく出来たドラマだと思うんやけど。

この後、眠くなって寝たら朝ドラの時間に起きれんかった。
スポンサーサイト
07:25  |  大衆演劇  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://10251218730.blog64.fc2.com/tb.php/2982-3d968c46

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |