FC2ブログ
2020年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2018.07.19 (Thu)

夏にぴったり、劇団十六夜で「牡丹灯籠」

16日(月)ハッピーマンデーで休日にさせてもらってた日。

スカ師匠と吞み歩きしようよと言ってたのに、

師匠から『アカン』という短いLINEが届きました~。

野暮は言いませんよ、前夜の悪行で二日酔いかこの暑さで

体調を崩したんでしょう。

それじゃ丸さんと観劇行きましょか。

その前に朝ご飯。

といってもタコヤキ載せた冷たいお茶漬けですけど。
P1140717.jpg

「丸さん、オーエス行きますわ。もう家出ました?」とメール送信。

『ごめーん、昨日別れてから一人で呑みに行って吞み過ぎました~』やて。

何やねーん、折角の休日なのに一人行動か~い。
(奥はとっくにカットに出かけました)

オーエス劇場は、劇団十六夜公演、この日は三河家諒さんが特別ゲスト。

早めに着いて、席確保しとこうと劇場入りしたら

超満員、指定席を一席だけ見つけて座ったら外出られへんやん。(出にくいのよ)

諒さん人気恐るべしや。

缶ビールと缶チュウハイは持ってたので昼抜きで、

観劇開始。

この日の芝居が「牡丹灯籠」



落語ではよくやられる怪談噺ですが、大衆演劇では初めて観ます。

旗本飯島家の娘お露(市川叶華)が、浪人萩原新三郎(市川千太郎)に恋い焦がれたあげく

亡くなってしまう。

下女のお米(座長)も後を追うように死んでしまい、

牡丹灯籠を下げて根津の新三郎の家にやって来ます。

新三郎に世話になっている下男の伴蔵(市川千也)は、お露が幽霊だと知り、

このままでは新三郎が殺されるとお札と黄金の観音様を渡して

お露たちが家に入れなくする。

するとお米は伴蔵の家に来てお札を剥がして、観音様を持ち出して欲しいと迫る。

恩ある新三郎にもしものことがあれば自分たちの暮らし向きが成り立たなくなると

断わる伴蔵。

女房お峰(三河家諒)は、百両の金を用意出来たら、お札を剥がしてやりなよ

それであたし達は食べて行けるじゃないかと(どうせ出来っこないと思いつつ)

引き受けさせる。

ところがお米は百両の金を持って来た。

約束だからと観音様をすり替え、お札を剥がす伴蔵。

新三郎の家に上がり込み、お露はお米と二人で新三郎を絞め殺す。

噺はまだまだこの後続くんですが、大衆演劇では元々相思相愛だった二人が

手に手を取ってあの世で一緒になるというハッピーエンド。

よくまとまってて見応えがありました。


舞踊ショーでは、座長市川叶太郎だけをパチッ。
P1140718.jpg

最後も諒さんの漫談みたいな喋りで楽しい三時間があっという間。


外に出たら、体温並みの暑さ。

お腹ペコペコだったので奥に「出て来てや~」と言うも、

暑いのに行けるかいなと一蹴されたので、

JR吹田なら来れるやろうと「虎一」で待ち合わせ。
P1140723.jpg  P1140719.jpg

ビールとチューハイでカンパーイ。

アテは中トロ380円とがっちょの天ぷら280円。
P1140720.jpg  P1140721.jpg

自家製の厚揚げ200円。
P1140722.jpg

次ドコ行く?

って言ったら もうお腹一杯で帰ると。

しゃあない手元不如意(持ち合わせも少ない)やから泣く泣く帰りましょ。

陽の高いうちに家に帰るの久しぶり。

ワタクシはお腹空いてたからラストの明星焼きそば。
P1140724.jpg  P1140726.jpg

呑むの少な過ぎて寝れんかった。

スポンサーサイト



07:03  |  大衆演劇  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://10251218730.blog64.fc2.com/tb.php/2942-fef4b852

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |