FC2ブログ
2018年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2018.06.11 (Mon)

札幌の名店「彩未」のカップ麺、マルちゃんから出てました

 7日(木)クルマで奥を送って行って家に戻って来たら、

ご飯が炊けてた。

ゆっくり朝ご飯食べてる余裕がなかったので、弁当箱にご飯だけ詰めて

天満に出勤。

お腹空いたままで天満市場に行ったらマルちゃんのカップ麺発見。
P1020238.jpg

北海道は札幌の有名店「彩未」の味噌ラーメンですやん。

特価やったから朝メシ用に購入です。

早速いただきましたー。
P1020240.jpg P1020241.jpg

かやくも二袋、粉末と液体スープと計4袋は面倒くさいけど。

P1020242.jpg  P1020244.jpg
ノンフライ麺はちょっと細目でスルスルっと食べやすい。

スープが味噌より生姜効きすぎてるがな。

カップ麺には甘くなるワタクシ、廉価版なら及第点やね。


 そしてお弁当も出来あがり~。
P1020246.jpg

焼肉・チャプチェ・ポテサラにシャウエッセン、玉子焼も入れて仕上げにふりかけ。



桃谷駅からいつものルートで明生座まで。

途中の「西村」のたこ焼きが5個100円から120円に値上がりしてました。

1日に100円やったから、つい最近みたい。



不動倭今月三回目、この日は新派の現代劇「心の鏡」

舞台は大阪、

以前は「平野商会」を営み手広く商いをしていた平野弥七(勝小虎)は、

今じゃ内縁の妻(叶夕晏)の元で厄介になっている。

そこへ熊本から井上喜作(座長)という昔馴染みが訪ねて来る。

駅前で一杯やってきたからかなり酔っている。

熊本弁と酔っ払いが上手い座長。

女房に先立たれて熊本で一人暮らししている喜作には東京に行った一人息子が居る。

その息子から、200万円のお金が送られてきたからと

封筒に入った金を見せて、

昔借りていたお金を返した上、弥七を連れてフグを食べに出かける。

 ところが実はこのお金は、電車の中で向かいに立っていた浜田(宝華弥琴)の

内ポケットから盗んだものだったのだ。

上機嫌で弥七の家に戻って来た喜作が、

金が無い、内ポケットに入れていたのにどこで落としたものかと大騒ぎ。

警察に届けようという弥七の妻に、

喜作は、本当は息子からもらった金じゃない、東京に行った息子は5年前に

肝硬変で死んでいると知らされて、一人ぼっちで生きていても仕方が無い。

どうせなら昔の景気が良かった時の思い出のある大阪で死のうとやって来ていたのだった。

平野弥七が懐から封筒を出してバツが悪そうに、

フグやで勘定のとき、お前が落としたのを拾ってやったと返す。

それならなんで直ぐに出さないの?

弥七の心にも魔が差したのだった。

それじゃ警察へ拾ったとして届けようとなるが、中身はすでに数万円遣って減っている。

足りない分を工面しに妻が三味線を質に入れてくると出かけようとしたところへ、

浜田が妻(宝華紗宮子)を伴って訪ねて来る。

浜田は昔、平野の使用人で商売を一から教えて貰い

今は、独立して大きな会社をやっている。

若いころ浜田は平野商会の金をチョイチョイ抜いていたと弥七に詫び、

今日は初午のお供えを見つけて偶々来たので、いずれ改めて返しに来ると

言う。

そこで弥七は、いくらなら持ってるんだ、3万円あるかと尋ね

それくらいならと財布から出す浜田。

その金を受け取り封筒に入れようとする弥七。

それを見ていた浜田は、その封筒は私の会社のもの、

なぜココにあるんですか、私今日は物件の手付けにとその封筒を

内ポケットに電車に乗ってて、落としたものか摺られたものかと

落胆していたところなんですよと。

私が悪かったんですとさめざめと泣いて謝る喜作。

こうしてお金も戻って来たんですからと逆に

そうだあなたは私の金を拾ってくれたんだとお礼を渡す浜田。

もう死のうなんて思わないで生きてと喜作を送り出す面々。

みんな上手いから、笑わせて泣かせるいい芝居に仕上がってました。

誰もが心に棲む深い闇を持ってる、でも助け合って生きているんだよと。

座長は新派の芝居と言うてたけど、松竹新喜劇みたいでした。


ショーでは、スワン大明神じゃなくて叶多晏がアン様でお祓い。

ラストショーのパンデミックは、何度見てもスカッとするなぁ。

宝華紗宮子の動きは惚れ惚れするよ。



本日の晩ご飯、毎度毎度のレタス炒飯もどき、唐揚げ2個のっけ。
P1020248.jpg

何かヤキメシばっかり食べとるな。

スポンサーサイト
07:33  |  大衆演劇  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://10251218730.blog64.fc2.com/tb.php/2904-7669f6ca

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |