2018年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2018.05.28 (Mon)

劇団松丸家で「お葉しぐれ」、たかが大衆演劇されど大衆演劇

 25日(金)朝、今日も朝ご飯はないんやろなと思ってたら、

7時過ぎに『ご飯!』とぶっきらぼうに呼ばれましたー。
P1020015.jpg

P1020016.jpg
鮭と玉子焼は二人分です。

味噌汁は豚汁、ごっつ美味しいやん、ごちそうさまーず。


開店準備を終えていそいそと梅南座~。

鍋底のカレーでドラオムまがい。
P1020019.jpg

開幕―。

この日の芝居は「お葉しぐれ」。

 上総の国銚子の子安観音に江戸十軒堀の目明し司屋政右ヱ門(咲田せいじろう)と

女房のお由(松丸家こもも)が子宝に恵まれるようにとやって来た。

参詣に行っている間に

乳飲み子を抱いた世荒らしのお葉(松丸家小弁太)が捕り方に追われて

乳飲み子をお地蔵さんの裏に置いて立ち去る。

そこへやって来た政右ヱ門とお由、捕り物に巻き込まれないよう

急ぎ江戸に帰ろうとすると赤ん坊の泣き声が。

これは子安観音のご利益だと、自分たちの子として連れ帰ることに。

捨てた親が戻って来た時のためにと氏素性を書き残して。

戻って来たお葉は我が子の姿を探しもとめるがそこには政右ヱ門からの

書置きが。

自分のような盗人に育てられて苦労するより、江戸の目明しの旦那に育てられる方が

子どもの幸せと泣く泣く諦めるお葉。


 それから5年赤ん坊は政右ヱ門から一字とって政吉と名付けられ、

すくすく育っていた。

 ある日政右ヱ門のところへ稲葉一家の親分(松丸家翔)が子分(松丸家美寿々、ちょうちょ)を

連れて怒鳴りこんで来た、世荒らしお葉の捕り物との権利は自分に回せ

さもなくば政吉がお前たち二人の実の子どもじゃないことを吹聴すると。

政右ヱ門は渋々その条件を呑むことに。


お上からの逃亡に疲れ果てたお葉は、捕われて獄門になる前にひと目我が子に会いたいと

政右ヱ門の家にやって来た。

お葉が政右ヱ門の書いた手紙を見せて ひと目我が子に会わせて欲しいと

懇願するも氏素性の名乗れない母親には会わせられない、

お前は世荒らしのお葉だろと突き放す。

どうせ捕まりゃ磔になる身、我が子に会えないならいっそここで死ぬと

匕首を自分の身体に向けるお葉。

それを咎めて『いくら盗人でも親は親、あたしに免じてひと目会わせてやっておくれ』と

政右ヱ門に必死の形相で頼むお由。

お前がそこまで言うならと政吉を呼んでこいと政右ヱ門。

その時に水を一杯持って来いと。

お葉には、決して母親名乗りするんじゃないぞと言い聞かせ、

出て来た政吉に水を飲ませてやれと言う。

最後は、自首するというお葉に役人が取り囲んでいるから

政吉に二代目政右ヱ門を継がせ捕り声をあげさせて親子二人で

番屋へ向かわせる政右ヱ門。

涙涙の芝居でした。


 みんな上手いんだけど、お葉と政右ヱ門のやりとりを聞いている時の

お由の表情が素晴らしかった。

台詞はないんだけど揺れ動く感情をきちっと表現してた。

ここまで芝居の出来る劇団はそうそうない。

劇団松丸家、もっと入っていいと思うんだけどな、

客に媚びないストイックな姿勢が、ファン層を拡げられないのかも。

もっと大阪に乗れば絶対人気劇団になると確信が持てました。

舞踊ショーで撮ったんを少しだけ。

P1020026.jpg   P1020027.jpg
松丸家翔の女形はデカすぎる、せんと郁哉もアピールが弱いか。

P1020030.jpg  P1020035.jpg
松丸家ちょうちょと座長 松丸家小弁太。



 急いで戻って営業、晩ご飯はなぜか豆大福とヨモギ餅。
P1020038.jpg

松月堂のん間違いない。

スポンサーサイト
07:29  |  大衆演劇  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://10251218730.blog64.fc2.com/tb.php/2890-2cadab28

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |