FC2ブログ
2018年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2018.04.15 (Sun)

「劇団大川」さすが 貫禄があります椿 裕二座長

9日(月)朝、

「おーい、もう8時やでぇ朝ご飯は?」って聞いたら、

ワタシ巻き寿司食べるしぃと言われました。
240P1010030.jpg

ワタクシは昨夜食べてるのでございません。

ので、味噌汁作ってmやんがくれた明宝ハムとスクランブル卵。
P1010029.jpg


昼は、UFO食べたけどデジカメ家に忘れてきたから画像ナシ。

夜は、Sさんがくださった喜八洲のみたらし団子を何と3本。

だって時間が遅かったからお客さん少なかってんもん。

最終1本前に乗れそうと店を出たのに、天六駅でオシッコ行ってるまに

行っちゃった、Wさんが車内から笑いながら手ぇ振ってた。



10日(火)『ご飯ー!』と呼ばれたのが7時15分。
P1010031.jpg

いつもよりオカズ多いなと思ったから、

「どーしたん、いつもより豪華やけど」とつい声に出してしもた。

『ムスメが急にお弁当作って!って言うてん』

せやろな、そうでもないとこんな早起きせんもんな。

ご飯は一膳、お替わりしないと決めてるからオカズが食べきれない。


 ので、観劇弁当に変身と相成りましたー。
P1010032.jpg


本日は木川劇場「劇団大川」を観に行きました。

劇団美川との合同公演で2回見てますけど、単独では初めての観劇です。

実は、この日のゲスト長谷川劇団の副座長長谷川乱之助が目当てで来たんですけどね。

座長は椿 裕二、大衆演劇の世界でも有名な方で、

美穂裕子、副座長大川忍、若手リーダー舞川 修、若手女優大川礼花ほか

座員も分厚いメンバーが揃ってます。


芝居は初見の「虎と竜」。

毘沙門一家は先代が亡くなって一家存亡の危機、二代目辰五郎(長谷川乱之助)がお民(大川礼花)と

一家を守っているが、天神の大祭の賭場の権利を寄こせと荒駒一家の親分(舞川 修)が

横車、祭りの権利の証文を持ってこいと二代目を連れ去ってしまう。

そこへ三年ぶりに男修業から戻って来た代貸しの虎太郎が現われ、

お民に親分が亡くなったことを知らされ、祭りの証文のありかを尋ねられる。

虎太郎は一家を出て今じゃ橘屋の女将になっている お竜(美穂裕子)が

持っていると踏んで橘屋に出向いていく。

 その頃、橘屋には富士見の親分(三代目大川龍之介)と荒駒が酒宴の最中、

酒の肴に季節はずれの鱧を出せと橘屋の主(大川忍)に無理難題を言う荒駒。

そこへ現われた女将お竜が、昔取った杵柄で何とか収める。

富士見の親分の手前、覚えてろよと去って行く荒駒。


 そこへ虎太郎がやって来てお竜に三年間の出来事を聞き、お竜が堅気になって

橘屋に嫁いで幸せに暮らしていることを知り(二人は許嫁だった)、祭りの証文を受け取り、

辰五郎を取り返しに行く。

お竜も居てもたってもおれず、刀を手に追いかけようとする。

話を聞いていた橘屋が、どうしても行くのかと止める。

橘屋を思う気持ちを殺してあんたみたいな意気地なしは嫌いになったんだよと

振り切って出て行くお竜。

証文と引き換えに辰五郎を返してもらったところへやって来たお竜(緋桜のお竜)、

荒駒に斬りかかられたところを救ったのは、富士見の親分にこの場所を聞いてやってきた

橘屋、だがそこは素人 腕に傷を負わされててしまう。

辰五郎に捕まり首に刀を当てられて、殺されようとする荒駒。

祭りの証文を辰五郎に返し、こんな奴でも自分の子分許してくれと富士見の親分。

お竜は助けに来てくれた橘屋と手に手を取って帰って行く。

ここでチョーンとなるかと思ったんだけど、またまた荒駒が登場。

虎太郎に斬られてチョーン。



いいねぇベテランの役者が揃うと 大衆演劇の王道みたいな芝居を堪能できました。

座長椿裕二、歌も上手いし口上も冴え渡ってる。

近くに来たら また観たい劇団が増えました。

舞踊ショーでは、長谷川乱之助がいいねぇ、女形も立ち役も。
P1010034.jpg  P1010037.jpg

小柄なんだけど妖気溢れてます。

帰り際、乱之助さんと握手して また来るからと。

15日(日)の愛京花・藤乃かな姉妹ゲストの席 完売で買えず。


 夜中、ありあわせでヤキメシのようなもの作って缶ビール。
P1010039.jpg





スポンサーサイト
07:01  |  大衆演劇  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://10251218730.blog64.fc2.com/tb.php/2847-2b03a9e0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |