FC2ブログ
2021年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2017.10.01 (Sun)

劇団ごとにカラーが違うのも観劇の楽しみ

 26日(火)毎度のことだけど午前4時ごろ目覚めたワタクシ。

ブログの予約更新をして6時ごろ眠くなったので、再度寝たら

ごっつ怖い夢見てしもた。

時々見るねん、いつも似てるのは迷宮というか迷路のようなところに出て来てて

帰ろうとしてどんどん深みに嵌ってしまうって感じの夢。

もがき苦しんで汗かいてるところに、

『朝ご飯!』って声で現実世界に引き戻されましたー。


リビングに行くと一人分のご飯が用意されてたから、

「一緒に食べんの?」って訊いたら

『朝は抜く、今日は昼ごちそう食べるから~』そう言って階段を上っていきました。

そう言えば昨夜、ランチ食べに行く約束してたか。(ワタクシは抜きです)

何や、結局一人で食べるんかいな。(泣きながら食べましたー)
P1100033.jpg  P1100034.jpg



 食べ終えたら天六に出勤、東京のNさんにもらった梅南座のチケットがあるので

早めに買い物して観劇弁当こさえて花園町まで。
P1100038.jpg

朝玉子焼食べたから、玉子を使わずに焼肉、ウインナ、ししとう、玉ねぎ、揚げ餃子

ちりめん山椒のせご飯。

早めに着いて席を確保したら、早速昼ご飯。(珍しくアルコール抜きでっせ)

そして開演です、今月の梅南座は「黒潮劇団」


黒潮次朗総座長、その息子さんの黒潮幸次郎、黒潮音之座長の三人体制、

若手の男優も数人居るけど、若手女優が一人黒潮花千代だけという男っぽい

劇団という予習はしてきたけど、初観劇はワクワクもあり不安もあります。

特に最初は誰が誰なのか、女形になったらさらに判りませんもん。

で、昼食を食べたせいもあって、顔見世ミニショーで不覚にも寝落ち~。


気を取り直して芝居「草場の半次郎」(字が間違ってたらスミマセン)。

いわゆる侠客物、島抜けをして親兄妹に会いに行こうとする半次郎(音之)、

追う十手持ちでありながらヤクザと二足の草鞋を履く熊五郎親分と子分。(親分は、次朗総座長)

島抜けは大罪ながら、元々島送りになった罪も熊五郎一家に嵌められた冤罪。

無実を訴えて見逃して欲しいと頼む半次郎をしょっ引いていこうとするところに

小金井小次郎(実在の侠客、幸次郎)が通りかかり、

三日の猶予をやってくれ それで戻ってこないときは自分が腹を衝くとこの場を治める。

半次郎が戻ってこなければ、目の上のたんこぶの小金井小次郎の命もとれると考えた

熊五郎一家。

半次郎の生家に行き、半次郎を殺そうとするが瀕死の傷は与えたものの逃げられてしまう。

場は変わって、小金井小次郎の家。

熊五郎一家がやって来て、半次郎が約束の暮れ六つまでに帰って来ないから

早く腹を衝けと催促。

まだ六つになっちゃいねぇという小次郎。

そこに六つを報せる寺の鐘が鳴り響く。

観念して切腹しようとする小次郎。

その時、半次郎が杖をつき足を引きずって戻って来た。

何もかも熊五郎の悪だくみと知った小次郎、あっさりとたたっ斬ると、

島抜けした罪は無くならねぇ、熊五郎の顔を潰してこれが草場の半次郎だと

役人に突き出すから草場の半次郎は今日死んじまったんだよ、

故郷に帰っておっかさんを安心させてやりなと小次郎。

礼を言いながら花道を帰って行く半次郎。

勧善懲悪のお芝居は こんな粗筋。

なかなか見応えがありました、笑うところはないけどね。


第三部の舞踊ショーも予想どおり、女形も何度かするけど全体に男っぽいです。

かわいい子役が二人出て来て拍手を呼びます。(白塗りがスゴイ)
P1100042.jpg  P1100051.jpg

黒潮音之の女形、キレイというよりコワイ。
P1100046.jpg

黒潮花千代さん、唯一の女性。(ななみんよりさらにふくよか)
P1100056.jpg

一度では何とも言っちゃなんねぇけど、任侠物の多い劇団はちょっと苦手かな。

久しぶりに会った関目のオッちゃんがいろいろ教えてくれました。

P1100057.jpg
夜はスーパーのバッテラ。(20%オフ)

腹減った~。

この投稿日はもう10月やねんな、ホンマ一年って早いわ。


※.かくれ処 めんじい 

  臨時休業のお知らせ

  10月7日(土)~9日(月)

  勝手ながら三連休とさせていただきます。(*´~`*)

  恒例の親孝行?の江戸行きです、ご容赦願います。
スポンサーサイト



07:10  |  大衆演劇  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

*Comment

■ユング先生の夢分析

夢で道に迷っていた、という人は、現実でも迷っているということを示すことが多いです。もちろん、現実で迷っているのは道にではありません。現実においてどのような行動をとるべきか、何を選ぶべきか、という「生き方」「考え方」において迷っているとき、夢で道に迷う場合が多いといわれています。

特に迷路に入り込んでしまっているような夢を見た場合は、完全に自分に見失ってしまっていることを示しています。
自分自身の考え方が迷宮に入り込んでしまい、もとにいた位置がわからなくなってしまっているのです。こういった夢を見た人は、まず自分はどうしたいのか、冷静に考えてみる必要があるといえます。

というわけで、16日から短期留学に行きます。
N |  2017.10.01(日) 08:57 |  URL |  【コメント編集】

■とりあえず都見に行って

その後で考えることにします、十三で。
めんじい |  2017.10.01(日) 16:22 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://10251218730.blog64.fc2.com/tb.php/2648-1988cb9f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |