2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2017.05.28 (Sun)

大盛り弁当持参で観劇、早いもんで今月もあと2回だけやな

25日(木)雨が降り止まない、早起きして行動開始するつもり

やったのに天気予報で昼くらいまでは降り続くと言うてた。

『明日出来ることは今日するな』という狐狸庵先生(遠藤周作)の言葉を

肝に銘じて生きているので、明日回しにしよ。

 ゆっくり目の朝ご飯。(ありがたや、ありがたや~)
P1060306.jpg  P1060307.jpg

なぜかワタクシのご飯の量が多いんやけど、昨晩抜いてるから楽勝やった。


買い物すませて色だけを意識した大盛りの弁当こさえて
P1060310.jpg

今月10回目の「劇団 都」。

P1060311.jpg
十三といえば久しぶりにこの食堂にも行きたいとこなんやけど。



早速第一部のミニショーでななみんのソロ舞踊。
P1060312.jpg  P1060326.jpg



 ところが芝居は「北海の虎」という外題で ななみんが出て来ない。

いつか出るやろうと観てたけど、飯場が舞台(いわゆるタコ部屋)になってて、

最後まで出番なし。

荒くれ者の虎(京弥座長)が心優しい新吉(かな座長)とコンビを組む中で

人間らしい心を取り戻していくのだが、

実は虎は、新吉の母親(花形光乃みな)を殺してしまっていた。

盲目になった 妹のお美代(華乃せりな)が兄を訪ねてやって来る。

虎の声を聞いて『この人よ、おっかさんを殺したのは』とお美代。

『そうだ俺がお前の親の仇だ、さっさと俺を殺せ』という虎。

だがやさしい新吉には人を殺すことなど出来ず、虎は自分で腹を突き

『妹と一緒に逃げろ』と虫の息で叫ぶ。

そこへ小頭(副座長)登場、てっきり悪役だと思っていたのに

この兄妹を逃がす。

虎が最後に『お前のおっかさんと一緒にお前たちを見守ってやるから』

と息絶えてジ・エンド。

喜劇のようで人情劇、誰からも除け者にされ捨て鉢で生きてきた虎の改心が見もの。


 夜は弁当が多すぎたので奥の揚げてくれた竹輪の磯辺あげをつまみにチューハイ。

お茶目なM美ちゃん、どんどん成長してますな。
P1060329.jpg
スポンサーサイト
07:36  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://10251218730.blog64.fc2.com/tb.php/2524-ccfa4d4b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |