FC2ブログ
2020年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2020.01.17 (Fri)

梅南座で「嵐山瞳太郎劇団」初観劇、高野花子の芸に惚れる

12日(日)待ちに待ったお休みです。

年明け6連勤したから何か久しぶりの休みやって感じがします。

「旅猿」を見終わったから そろそろ朝ご飯食べたいなぁ。

けど、奥が起きる気配なかった。

「どーしたん、もう8時やで」と怒り気味にいうたら、

『昨日の夜から調子悪いねん』と返された。

それはかわいそう、ワタクシがセブイレに行って朝ご飯調達。

奥にはサンドと鮭の🍙。

ワタクシは味イクラの🍙とパン一個。
IMGP3541.jpg

ちょっとゆっくりしていざ出発です。

 10時40分には新今宮駅に到着、「大寅食堂」で観劇仲間を待ちます。
IMGP3542.jpg

ホルモン煮込み350円。
IMGP3544.jpg

テッちゃん鍋900円。
IMGP3545.jpg

これに麺、野菜、最後はご飯を投入して ごちそうさん。
IMGP3546.jpg

梅南座に着いたらミニショー始まっとった。
IMGP3549.jpg

本日は初見の劇団「嵐山瞳太郎劇団」です。

この日は、高野花子デイ。
IMGP3548.jpg

芝居は「盲目剣谺返し」(もうもくけん こだまがえし)、藤沢周平の原作で

映画ではキムタク主演 山田洋次監督の「武士の一分」のお話。

藩の毒見役、三村新之丞(嵐山瞳太郎)は貝毒に当たって高熱にうなされ、

挙句失明してしまう。

下男の徳平(葉山)、女房の加代(高野花子)が懸命に看病するが

一向に良くならない。

上役の島村(ゲスト三峰組 三峰達)の口添えで三村の禄を保てればと

誘いに乗ってしまう加代。(健気な女性)

それを知った三村は加代を離縁する。(自分のためとは知らない)

部下の山崎とその嫁イネ(高野花子二役=賑やかすぎる女)から、

殿のひと言で三村の職がそのままに置かれたこと、禄を半分にするよう

進言したのが島村だったと知り、徳平に果たし状を届けさせる。

淡々とした筋書き、主役を務める座長の力量がカギ。

そしてラストは心温まるんだよなぁ。

ふつうこの手の話は途中で開眼するのかと思ってたら、

心眼を開くことだったんですね。


まだ30歳の嵐山瞳太郎ですが、堂々と貫録の舞台です。

劇団も旗揚げから間もなく3年ですが、伸びしろはまだまだこれから。


ほな、西成呑み屋めぐりに出かけませうか。
スポンサーサイト



07:39  |  大衆演劇  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |