2008年09月 / 09月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2008.09.29 (Mon)

計画どおりに行かなかったけど

先週は、いえ先週も飲んだくれていためんじいです。
ということで、今日こそはと狙いをつけたのが、平日昼のみ
営業の弥七さん訪問です。
日曜出勤で、今日が代休。娘も休み、鬼嫁もということで、
「今日はどうする、生憎のお天気ですけど」と下手に出て、
お伺いを立てると、チビが『吹田のゲーセンに行きたい』と
「あかん、そんなんばっかし」と私が言うと、『連れてったげ
ーな、昨日運動会がんばってんから、私は梅田で献血す
るわ』と鬼さん。
「雨やし、まだ早いし、送っていくわ」と二人を車に乗せて、
一路、梅田方面へ。「天気が良かったら、どっか郊外でも
行きたかったなぁ」というと、「別に」と二人が声を揃えます。
この二人は、根っからのインドア派のようです。
『献血待つの、イヤや』という娘に「野田のジャスコでゲーム
しとこか」と誘い、鬼嫁を阪急前で降ろします。
「また、後でなバイバーイ。」

野田のジャスコに着いたので、「まぁ、ちょっとゲームするか、
それから服でも見るか?」とゲームコーナーに娘を置き去り
にして、雨の野田界隈を散策します。(旭屋のラーメンの場
所を探したかったんですが、今日も見つけられませんでした。)
その頃、嫁からメールが『今済んだけど、どうすんのん』
服買うといたってやという宿題を済ませてなかったので、「野
田まで阪神電車で来てや」とお願い。
慌てて、娘のところに行くと、まだゲームで遊んでた。(手の
かからんやっちゃ)「お母さん、来るからそろそろ止めなアカン
で」『わかった』というてるうちに、嫁登場。
「もう止めさせるから、お前が服見たりーや。」って言うてるの
に、ちょっとだけとパチンコ機に100円玉投入。
あほらしなって、トイレ行って帰ってきてビックリ!!
ここは、写真いるでぇー。
親子で並んで確変突入中や。

この時点で、弥七さんはおろかやとうさんに行く野望も消えて
しもうた。
何故って、2時には娘はピアノの練習のため家に戻らなあかん
から。
じいは、ビシッと言うてやった。「一人で何か食べてくるわ、早よ
終わらしてや。」
 さて、じいの一人昼飯はと言うと、そう。
野田のジャスコには、あの店があるんです。10年ぶりかな、
いやもっと食べてないかな。素がきやさんです。
素がきやさんを知ったのは、大昔上新庄にダイエーが出来た
(今はありません。)ときに初めて知り、食べ、めっちゃ気に
入ったんです。何ですかあのスープ、和風でしょ、鶏も入って
るよね。ちょい柔目の細めんとよう絡んで、美味いねん。
あの、チャーシュウも好きやってん。
全然流行ってへんかってん、今ここで食べとかんともう食べれん
ようになるんちゃうかっていう思いが、「肉入りラーメンください」
って言わせよってん。
来たでェー、うーわっ、昔んままや。そや、この巨大先割れスプ
ーンやった。一口すすって、この味や。変わってへん、このショボ
いチャーシュウがちょい脂身でオイシイねん。2分ぐらいで完食や。
あーぁ、懐かしかった。肉入りラーメン370円。新しくコク辛タン
タン麺420円、和風ツケ麺節系醤油スープボリューム2倍490
円なんかも売り出してたわ。
 ゲーム場所に戻ると、二人合わせて950枚ぐらいのコインを出し
てたわ。
最強の親子には勝てへん、弥七さんに行けるのはいつのことやら。
ガックシ。


スポンサーサイト
08:10  |  ラーメン、麺食  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  編集  |  Top↑

2008.09.27 (Sat)

お彼岸もラーメンの日

9/23 今日は、お墓参りに行く日。ウチの墓は、北摂にあるので、途
中に産直野菜の販売所があって、いつも立ち寄ることにしてます。
 この日は、玉ねぎ・シイタケ・オクラ・長ネギ・コスモスの束と新
米5㌔を購入しました。(おいしい米はダイエットの敵なんやけど)
 お米を買って思い出しました。「おい、アレ切れとったんちゃうん?」
『そう、なくなってんねん。買いに行く』「行こっ」さぁ、この会話で
何を買いに行くのでしょうか?
正解は、神宗さんの塩昆布です、徳用やけど。 
これまで、阪神百貨店で買ってたんやけど、いつのまにか売ってへん
ので、大丸心斎橋店へ向かったんです。
 到着―。ただいま9時50分。早ーいと思われた方、じいの家族は
行動開始が異様に早いんです。
 何やら、店員さんが希望者に整理券らしきもん配ってはんで。「あの
―、それ何の券ですか」って聞いてみた。(もちろん嫁はんやでぇー)
『メロンが先着100名、1,000円です』「1枚ください。」さぁ、
この昆布2袋とメロンで2時間駐車料タダになったし、心ブラでもす
るかって言ったら、娘が小声で『おもんなーい』って言いよります。
そらそや、そこでじいは、「心斎橋には大きいゲーセンあるでー」言う
たら、とたんに『行くー』。
 ゲーセン「HIKARI」昔々に来たことあるわ。まったく興味のない
じいは、そごうの地下の北海道物産展を見て、(白樺山荘来てました、
ここの味噌ラーも美味い)その後心斎橋をブラブラ。山頭火出来てるー、
まこと屋あるーってラーメン屋さんばかりが目に付いた。
 もちっと行くと、回転すし「RYUGU」(りゅうぐう)が、食べ放題
先着100名1,000円っていうのをやってた。
「安いー」と思ったじいは、早速嫁さんに報告や。嫁はん『アンタ、並
んどきいや』やて。「えーわ、一人で並ぶんイヤやわ」と嫁はんの打って
た冬ソナⅡ見てたら、大当りを引きよった。(こんなんで当ててもしゃあ
ないやん、ボソボソ)見てたら、当たるコイン出る、娘が持っていく、
なくならす、当たるコイン出るの繰り返しや。このコインを何とか無く
さないかんと思ったじいは、「こんなん増えてももう来えへんねんから、
使いきらなアカンで」とコインを貰って、パチスロしたで。スッカラカン
や。任しときや、減らすのは上手いねん。(どんだけ運弱いねん)
 さっきのリュウグウに言ってみた。「あのー、」『もうとっくに終わって
ます』、食べ放題1575円やったら、別に嬉しいないから、入るのやめ
といた。
 さぁ、どうする?白樺山荘?ヘイチンロウ?山頭火?ってなったとき、
じいは、「前から気になってた店あんねん、そこでええ?」ってゆうてみた。
ゲームを堪能した二人には負い目があるのか『そこでエエよ』やて。
 そこでやってきたのが味噌ラーメンの専門店えぞ梟さんや
初めての店は期待が高まるわー。嫁はん最初は、がんこ味噌和え麺とか
いうてたのに、結局二人とも味噌ラーメンや。
じいは辛味噌ラーメンを頼んだわ。
 来たでぇー。すっごいボリュウムや、大盛りにせんでよかったー。
 じいの辛味噌のルックスは、真っ赤や。ひと口スープを飲んでみる。
ウマーい。辛さの中に、うまみがあるわ。辛モン好きには堪えられん
味や。麺は札幌ラーメンによくある縮れ麺で、弾力があったわ。
とっかりさんや寶龍さんとも似てたような気が……。野菜が一杯入っ
てるのもええね、太モヤシがよく合ってます。コクがあるし全然冷め
へんから、油はかなり使ってるかも。
〆のラーメンにはちょっとしんどいね。お昼の腹ペコ時にはエエと
思いますぜ。
08:04  |  ラーメン、麺食  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  編集  |  Top↑

2008.09.27 (Sat)

行ったでぇ、麺屋えぐちさん

 東京からの帰り道、新幹線ではセブンイレブンで買ったおつまみ
ミックス105円と缶ビ2本。(家には定番東京バナ奈)
 お腹を空かして向かったのは、家ではなくて麺屋えぐちさん
江坂駅を降りて、住居表示を見ると、江坂町1-13ってなってた。
えーと、えぐちさんは、1-4やからだいぶ近いなとテキトーに
歩いてたら、1-15、1-18、垂水町3丁目って、離れていってるやん。
 慌ててもとの場所に引き返し、北上。おっ、見えてきたでぇ。
カドヤ食堂で見慣れた看板のような暖簾のような例のぺらーっと
した奴が。遠回りしたけど、ようよう着いたでぇ。
「ガラガラー」(えっ、自動やったかな?)
真新しい店内は、カウンター5席のみ。テーブル席があったと思わ
れる場所は、待ち客のイスになってました。先客は5人。一組がカ
ップルであとは一人客。 しぃーん。無言や。皆モクモクと麺を啜
り、スープを飲んでいる。
 やがて席が空いて、『どうぞー』「中華そば!」(メニュウはこれだ
け。まもなくツケ麺を始めるとのことです)
あとは、味玉・メンマ・チャーシューのトッピングのみ。
 丸見えの厨房の様子をじっと見ていると、一つ一つの動作に丁寧
さが見て取れます。ツケだれ、スープ、麺、メンマ、チャーのどれ
にも愛情が込められている感じが伝わってきます。最後にネギ、ノリ
を載せて、来たーっ。

 おお、中華そばや。正統派の醤油ラーメンって印象です。澄んだ
スープを一口。うまーっ、懐かしいやさしい味や。鶏がらと魚介の
合わさったウマミが、この醤油にベストマッチやわ。続いて麺は、
ズズーッ、これは安心、食べなれたカドヤさんの麺(でしょ)。
この細さが丁度いいわ。さすがのバランスや。柔らかいけど味のしみ
た細いメンマもしつこくないチャーもグッドや。
 休む間もなく食べ続け、あっという間に完食や。思わず顔がニヤ
ケてくる。これは幸せの一杯やわ。
 外へ出たら雨、じいは何か嬉しい気分で雨の中を30分かけて歩
いて帰宅したわ。
        
08:02  |  ラーメン、麺食  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2008.09.23 (Tue)

東京 Ⅱ 江戸焼

お腹がいっぱいになって、さぁ次はどこへってなったとき、
大阪で「今度東京に行くねんけど、どっかええとこ知ってる?」
って、昔々東京におったNさんに尋ねたことを思い出した。
『ここ行き』とNさんの書いてくれた、まっこと簡単な地図が財布に
入ってた。
見せたいわ、どんだけ簡単やねん、目印はJRの駅と地下鉄の
駅だけ。しかも店の名前がなぐり書きで読まれへん。
とりあえず、駅の名前は『神田』やから、ここからは、秋葉原→
神田の二駅やから、腹ごなしに歩くことにしたわ。
 こう見えてじいは、街歩きは好きやねん、(山はキライや、上り
はムリーッ)
 いうてる間に、秋葉原に着いたわ。規模大っきいわ、日本橋の
何倍あんねんちゅうくらいやった、電器店だけちゃうで、フィギュア
とかのお店も多いみたいや。
メイド姿のお姉ちゃんにティッシュを貰って、出た大きな交差点が
『万世橋』やった。
 聞いたことあるよねー。(はるな愛風で)
 ちょい歩いたら、銀座線の神田に出た。貰ったメモを見たら、丸
の内線の銀座やったから、電話かけたわ。
 「もしもーし、今東京やけど、神田に丸の内線ないけどー」いうたら
『間違おとった、ゴメン銀座線かも知れん』「その店何の店、飲み屋
やんな?」って言うたら、『何言うてんねん、鰻の店やでぇ』「うそー、
煮込みの美味い飲み屋ちゃうん、まぁええわ、ありがとうもうちょい
探してみるわ」と電話を切って、100mぐらい歩いたら、ありました。
鰻 神田 きくかわさん。
ここや、まったくお腹すいてないけど、折角のオススメ店やし、ここは
入るしかないやろ、江戸焼鰻なぞこの先も食べる機会ないかも。
ガラガラー、「一人ですけど、よろしい?」『どうぞー』
店内は、4人掛けテーブル4つと二人用が一つや、二階もあるみたい
やったわ。(ほぼ満席やった、上品そうな客ばっかりやった)
さぁ、何かアテ頼んで一杯飲もかとメニュウを見てると、『あのうー、
うな重のイとうな丼しか出来ないんですけどー』ときた。
エッと思ったけど、「ほな、うな重のイで、それとビール」と思わず
言うてしもうた。(お腹へってないんやけど)
 うな重イが来たー。
見て、このルックス。ご飯見えてへんやん、鰻で覆われてるやん。
どうよ、(ワカラン、想像力 想像力)
蓋あけて、いっただきまーす。箸でつかんで口ん中へ入れたら、
フワッてなくなったやん。ウッマーイ。

脂っこくないし、それでいてタレも甘うないから、満腹でもいけそ
うや。Nさんおおきにー。ほんでこれいくらなんやろと、お品書き見た
ら、2,830円やて。ガーン、ドッヒャー、そら美味いはずや。
ビールも650円で〆て3,480円やった。 肝吸いも付いてたし
こんなもんかも知れんと思うことにしたわ。(うな重ハやったら4400
円やったし。)ごっそうさん。
完全に間違えてるでしょ。食べる順序。渇ーってか。
何がダイエットや、まったく。歩くのもエラい(しんどい)で。ついでやー
とあと三駅歩いたわ。三越前、日本橋と元祖とか総本家とかいう
店を見ながら。
PS.東京のコンビニは、通路が広くてビックリや。
  東京の電車の車中は、携帯より、文庫本読んでる人が多かった。

19:40  |  外メシ 呑みなし  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)  |  編集  |  Top↑

2008.09.23 (Tue)

ついに念願のお店にたどり着いた 江戸日記

 土日と東京へ行ってました。土曜の夜、「ちょっと用事が・・・」と
団体の宴会をパスさせてもらって、めざしたお店は、
蒙古タンメン中本さんや。
 ホテルから、一番近いお店を調べたら、御徒町店があった。
この8月にオープンした7店目らしい。
何度かテレビで見たことのあるお店です、ご存知でした?
店に着いたら、数人の待ちや、食券買わないかんので、説明
読んでたら、初めての方は味噌タンメン(炎マーク3個)をおす
すめしますって書いてたけど、ここは人気NO1の蒙古タンメン770円
でしょ、やっぱり(炎マーク5)。
 来ましたでぇー、具(野菜)たっぷりですごいボリュームやわ。
キャベツ・モヤシ・にんじん・キクラゲに豚肉がテンコ盛りで麺
見えへん。その上から真っ赤なマーボー豆腐のあんがかけられ
てんねん。
 麺は、中央軒のチャンポン麺のようにツル太やったけど、案外
腰があるねんわ。スープは、味噌味はそんなに強調されておらず
こってり感はなく、七味の辛味でピリ辛や。
うっまーい。
これは、ラーメンではないです。別の食べものです。
これまで食べたことのない旨さです。2/3ほど食べ終えたところで、
上にかけられた麻婆餡を絡めまてみます。
辛~~い~。
すぐに毛穴が開いて、汗が噴き出してきたわ、そしてハナ水も。
炎マーク8の「北極タンメン」にしないでよかったー。
せやけど、この辛さ舌に残るけど、ハシとまらへんレンゲ止まれ
へんし。
絶対、大阪でも受けるでぇー、帰りがけには行列だいぶ伸び
てたわ。 満足満足、ごっそーさん。
 このあと、東京一人徘徊しました。 おもろかったでぇ。
15:32  |  ラーメン、麺食  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2008.09.23 (Tue)

新装開店です、よろしく

長い間、苦労し続け結局アドレスを変えました。皆さんよろしく
お願いします。
溜まり過ぎた記事をドバッと載せますが、マイ記録なので、無理
せず読み飛ばしてください。

9/16 三連休が終わりましたね、あーぁ。
じいはこの連休の土日には、予定が詰まってたから、
めちゃ楽しみにしてたんよ。
 9/13 土曜日、午前中に買出しして昼から餃子パーティーやね。
材料はじいに任せるって言われて、ちょい悩んだわ。
 先輩の家で8人位ってことやねんけど、一体何個位用意
したらええねんや、そかじいを基準にしたらええんかという
ことで、皮は150枚、ミンチ肉は1.3キロ、白菜は1/2、ニラは
2束、あと紫蘇とチーズと餃子のタレ。
 集合したとき言われたでぇ、『あんた、餃子の用意だけし
て来たん?』って。「そうやけど」言うたら、他にもいるやろ、
ツマミとかお造りとかサラダとかやて。そんなん聞いてないやん。
 さぁ、久々の餃子つくりまっせーって、「えっ、作るのもじいが
指示すんのかいな、自信ないでぇ」といいつつ、白菜みじん切
りにして、ニラも切って、土生姜すって、ミンチと混ぜ合わせたでぇ。
 ちょっと味付けとこかってなったから、テキトーに塩こしょう振
っといた。一つのボールだけ紫蘇も切り刻んどいたわ。皆で包
む作業やでぇ、100均に餃子包む道具売ってたんやて。それ
がこれや。(写真見たつもりで次へ)
 手で包んだほうが旨いこと出来るな。じい、上手やんって褒め
られたわ。
 包み終わったところで、カンパーイ。
 焼きながら呑みながら、他のアテもつつきながら、和やかな時
間が流れたわ。ウッマーィ、OKやんか。
 ちょっと肉多目やったみたいやけど、肉汁ジュワーと
出て、評判良かったわ、ぺろっと完食でしたわ。
 あとは、夜中の3時過ぎまでマアジャン大会や。
じいは呑み過ぎて半分寝てたわ。明日もハードやのに。


9/14、夜中に家まで送ってもらって就寝したのが4時前
でした。Aさんいつもありがとうございます。(Aさんは飲まない方です)
 午前7時、娘の『行くでぇ』の声で起こされました。
「今年は止めとけへん?」『アカン、これは毎年行くねん』
もう、役割もないし模擬店も出さへんのに毎年行ってる
吹田よっといで祭。娘の保育園や学童の時に、毎年何か
分担して参加し続けてきた恒例の催しやねん。
 案外行ったら楽しいねんでぇ、どんどん世代変わってるか
ら知り合い減っていってるねんけどね。
 千里南公園一帯でようさんの模擬店や子ども向けの遊び、
マッサージや歯の診断、パレードや劇、コンサート(アマやけど)
なんかもあって実に楽しいねん。
 眠い眼をこすりながら、千里線に乗ってたら、携帯が鳴った
でぇ。駅に着いてみたら、じいと同じく通い続けてる親父二人、
ⅠさんとNさんや。「もう南千里着いてるよ」って言うたらビック
リしてたわ。『後で行くわー』やて。かなんなぁ、また呑まなあ
かんやん。二人ともノンベやねん、これが。
 しかし天気はええし最高やね。仲間とちょい昔話しながら飲
む昼ビール。サンマ、ヤキソバ、チヂミ、サザエ、フランク。生ビ
ールとあうのんばっかり売ってるやん。それもテキ屋さんと違
おて、学童や障害者作業所の運営資金集めのボランティアの
模擬店やでぇ、無理にでも呑んでしまうやんか。あぁ眠~い。
 2時半を過ぎて、さぁ帰ろうかてなってん、普通やったら片付
けもないし早よ帰って寝よってとこやねんけど、じい一家はま
だ楽しみが続くねん。
 先月の上海ツアーの解団式あんねん。まぁ、いつも結団や
解団や言うて呑む会やねんけど。
 今日はSさんちや。彼は非常にマメで今日も絶対何か新しい
酒肴(趣向かな?)考えてくれてる筈や。(と思う)
 乗り換えてたら丁度約束の4時近くになってたわ。ピンポーン、
「毎度、今日はお世話さん」とじい一家。続いて十三屋の住人?
夫妻。だいぶ遅れてAさんの奥さんと息子とその許嫁(古―ぃ)。
写真があればなぁー。信じられんくらい美しいでぇー。
 今日のメインは地鶏のタタキと地鶏鍋やった。他にも肉味噌や
らいろいろあったけど、忘れたわ。何せ呑み漬けやん、体中の
水分の何割かはアルコールになってるんちゃうやろか。
 話も弾んで(多分)、宴もお開きの時間になったでぇ。ごちそう
さまでした。これに懲りずまた呼んでください、S夫妻。
 この時は家族連れでよかったと思ったで。吹田に着いたとき、
嫁はん蹴って起こしてくれたから。
 一人やったら、彦根辺りまで行ってたかもしれんから。
 
9/15

 最終日は、予定真っ白け。明日からのハードなお仕事(誰や、
ここ笑うとこちゃうで)に備えて、休養したいところやな。
 『行くでぇ』「またかいな、今日は何処へ行くのん」『決まって
るやろ、ゲーセンやん』じいは、イヤイヤ家を出て「その代わり
お昼は決めさして貰うから」『どうせラーやろ』見抜かれてるようで。
 何とか約束の2時間経過。その間じいは、本屋でブログの本
を探して買おたでぇ、画像の載る日も近いでぇ。
 「さぁ、もう行こうか」『どこへ』「今、京阪に井出商店来てんねん」
『やっぱラーやんか』この時期恒例「上方美味いもんめぐり」開催中やってん。
 えらい混んでたわ、行列出来てるやん。せやけど毎年店の配置
一緒やんか。魚伊さんハイシさん八重勝さん、井出商店に並ぶこと
20分。やっと中に入れたわ。
 普通のが650円特選が750円(税別)って和歌山より高いんちゃ
うん。まぁええわ交通費かかってないから。細麺のストレートの割り
に案外時間かかってんねん。
 遅いなぁ言うてたら、じい達より後のお客さんに『お待たせしました
ー』言うてんでぇ。
 鬼嫁すかさず『ちょっと、うちら先やねんけど』言うとったわ。これは
完璧にオバはんの証拠やね。
 それにしても待たされたわ、お腹ペコペコやん。お腹減りすぎる⇒
何でも美味しく思う場合と、⇒めちゃ美味しいのが登場する期待が高
まる場合があるようで、やっと来て食べた瞬間「ん?こんな味やった?」
嫁はんと顔を見合す、嫁はん『???』って顔してた。
 決して不味い訳ではないねん、待たされた末さっきみたいなことが
あった後やからと思うねん。
 しつこくない醤油とんこつで、麺はちょい柔目、チャーは薄さ加減も
味わいも超好みやったし、バランス的には文句ないねんけど、これで
日本一かいって感じもしてん。そやここは店やない、イベント会場やち
ゅうこっちゃね。それを感じさせたらアカンわ。
 この後温泉に行って、早めに帰宅してじいの三連休は無事にエンドや。
えっ、晩御飯はって?「ナッシング」や。
14:37  |  グダグダ  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |