2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2017.01.03 (Tue)

フグは美味しかったけど・・・・・・・

 30日(土)今年最後(であろう)の外呑みは、鶴橋でてっちり。

午後6時の予約だというのに4時半には鶴橋に着くというフライング夫婦。

鶴橋市場をウロウロして、歳末気分を味わっても時間が余りある。

ちょっと座ろうということになって、焼肉店の犇めく辺りを探索するも

てっちりの前に焼肉食べれる程の強固な胃袋は持ってないので、

「正宗屋」に決定ー。
P1020065.jpg

とりあえずビールでカンパーイ。
P1020066.jpg

マグロのお造り550円もらお。(ちょっと冷たいな)
P1020067.jpg

おでんで温まろ、豆腐とシウマイ、玉子にジャガイモ。
P1020069.jpg

これ以上頼んだら フグが楽しめなくなるのでお勘定。



 約束の10分前になったので予約していた「ふぐ久」に移動~。
P1020070.jpg

こっからが大波乱の展開になるとは・・・・・・・

みんな揃ったので入店し、予約の旨を伝えたら

な、何とたしかに電話予約してるのに、我々の名前が無かったー。

で、案内されたのは暖房も換気もない普段使われてない奥の奥の部屋。

もちろん準備してもらえてないから、待たされる待たされる。

付出しの湯引きはすぐに来たので、ビールでカンパーイ。
P1020073.jpg  P1020075.jpg

P1020077.jpg
お鍋の具材が来ましたー。

こうくりゃ、ヒレ酒は欠かせません。
P1020076.jpg

唐揚げと鍋皮も出てきたー。
P1020078.jpg  P1020079.jpg

やっぱフグは美味いなぁ、って何か忘れられてません?

そうです、本来一番最初に出る筈の コレがなかなか出て来ませんでしたー。
P1020080.jpg

この際、出て来なかったら帰りに文句言おうと催促せずにいたら、

鍋終わりに出て来ましたー。

美味いよ、でもアカンよね。(ちょっと(# ゚Д゚)モード)

ということは、もう雑炊ですよね。

エッ、白子は食べんのかって思われたあなた、ワタクシ以外の方々が

焼き白子も鍋白子も食べてましたー。(白子不適合者ですので)

雑炊は奥が上手に作ってくれました。
P1020083.jpg  P1020086.jpg

何か後味が悪かったけど お勘定。

まだ早いから もう一軒くらい行きましょ。

P1020087.jpg

ココ来てみたけど満員、やっぱ天満に帰ろうっと。
スポンサーサイト
07:27  |  外メシ 呑みあり  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

2016.04.08 (Fri)

おしゃれな店は苦手、串のハシゴで「串寅」

 2日(土)ヒマーな営業を終えて、午後9時半ごろ「こまちゃん」に来たら

シャッター下りてた。

そや、ゴメンネJIRO行こっ、 

やっぱ満席で無理やった。

DSCN6874.jpg
 そしたらその先に新しいお店が出来てた。(この辺りを裏天満って言うん?)

どんなお店があるんかなとジロジロ見てたら お兄さんが声かけてきた。
DSCN6860.jpg  DSCN6861.jpg

『オープニングで一杯99円やってますからどうですかぁ』

その手にひっかかった、お店は一番奥にあった。
DSCN6862.jpg

串揚げと串焼き、それに一品もいろいろのイタリアンバルらしい。

ビールが金麦ってビールちゃうやん。

ってことはあのブランドのお店か、しゃーないハイボールにしとこ。

カンパーイ。
DSCN6865.jpg

付き出しに生ハムっぽいのが出て来た。
DSCN6864.jpg

注文は、紙に書いて渡すシステム。(めんどくさ)

いろいろ頼んだら、だいぶ経ってから出て来た。

二階もあって忙しかったから それは仕方ないけどね。
DSCN6870.jpg  DSCN6871.jpg
ちっちゃ、納得できんなぁ。

注文してたから止まらない。
DSCN6873.jpg

カップルで静かにワイン飲みながらのお店やね。

帰ろっ、お勘定頼んだら1円単位の端数で請求された。

思わず、「外税でもエエけど一円単位はアカンのんちゃう」

余計な一言を言うてしもた。

『ティラミスもサービスしてますんで』っていう釣り言葉のティラミス

出て来んかったってことは言わんかったで。




ウーン、10時20分か、まだ時間行けそうやな。

串の食べ直しにあそこ寄ろ。

もちろん「串寅」さんです。
DSCN6875.jpg  DSCN6876.jpg

ちょっと機嫌ナナメなところへ この店にも厄介なジジィが居って

大声で喚いてた。

思わず「うるさいなぁ、静かにしてや」とか

「もうヤメて帰りはったら」とか挑発したけど完全に酔ってはって

笑い飛ばされてもた。

諦めよ。

カンパーイって奥はウーロン茶やし。(ボケとる)
DSCN6877.jpg

おまかせとアサリ酒蒸し。
DSCN6881.jpg  DSCN6880.jpg

奥は お茶漬け食べとった。
DSCN6879.jpg

DSCN6884.jpg
あと3本だけ串追加して、天むすお土産におあいそ。

やっぱココが落ち着くわ、安いしなぁ。

店主のあっちゃんに「さっき裏天満行って来てん」って言ったら

『そんなん こっちが裏天満ですやん』って切り返された。

そう言えばその通りや。
07:40  |  外メシ 呑みあり  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2015.11.12 (Thu)

もつ鍋がムリなら地鶏鍋 やっぱモツ鍋に軍配や

 7日(土)夜、

「福福福屋」と「ゴメンネJIRO」に電話したけど、どっちも予約できんかった。

5人やし、カウンター席って訳にもいかんから、どっかエエとこないかなと考えてたら、

宮ちゃんが『めんじい、あっこエエよ。いっぺん行ってみて』って言ってたお店を思い出しましたー。

「地鶏専門店マルエ」 さんです。
DSCN3433.jpg

ワタクシ基本的に親子丼以外で焼鳥とか鶏専門店に足が向くことはないんですが、

この「元祖じどり鍋」に食いつきました。

焼鳥は同行者に任せることにして、入りましょうか。

店内は広くて奥の掘りごたつ仕様の座敷席に通されました。

鍋だけでもいいらしいですが、

店の方おススメの肝刺身とオオカク(横隔膜らしいです、いわゆるハラミ)焼を。

鍋は三人前で。

カンパーイ。(揃っとらんな)
DSCN3416.jpg

肝刺身が来ました。
DSCN3417.jpg

これメチャメチャ美味しいやん、何度も食べてる鶏肝刺身ですが

こんだけ新鮮で美しいのは中々おませんで。

オウカクも来たので、自分たちで焼きます。
DSCN3421.jpg

薄いので直ぐに火が通ります、これも鶏の部位では珍しいらしいです。

焼き物盛り合わせも頼んで。
DSCN3422.jpg

レバーが食べたいというTやんのリクエストで背肝。
DSCN3423.jpg

 そして鍋の用意が出来ましたー、
DSCN3419.jpg

これくらいになったら食べごろです。
DSCN3424.jpg

追加もしますでぇー、水ギョーザに豆腐に白ネギ。
DSCN3428.jpg

DSCN3425.jpg

〆はやっぱり、麺でしょ。
DSCN3426.jpg  DSCN3431.jpg

鶏白湯スープに このプリッとした麺が美味い―。

思わず麺のお替り―。
DSCN3432.jpg

鶏肉の焼いたのはほとんど食べませんでしたが、この地鶏鍋は美味しかったー。

もつ鍋に比べたら ちょっと高いのが難点やね。

麺の追加450円は アカンと思ふ。



07:53  |  外メシ 呑みあり  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2015.10.31 (Sat)

もつ鍋 福福福屋(ふくみ屋)さん、コスパのいいお店でした

 25日(日)つづき、

天六に出動したのが午後5時過ぎ、扇町辺りで未訪の店を探すも

アンテナにビビッとくるほどオーラを出してる店も見い出せず。

薄着で歩いてたから、風が冷たくって温かいモンが欲しくなった。


 その時、ピーンと思いついたのが「福福福屋」(ふくみ屋)天満店。
DSCN3180.jpg  DSCN3181.jpg

この前の道は、しょっちゅう通ってて一度入りたいなと常々思っとりました。

モツ鍋の専門店です、さぁ入ろ入ろ。
DSCN3182.jpg

モツ鍋のダシを選ぶのかなと思ってたけど、モツ鍋は一種類でした。
DSCN3186.jpg

具の量が分からないので、とりあえずモツ鍋と とろ-り軟骨煮を注文して、

ビールでカンパーイ。
DSCN3189.jpg

DSCN3185.jpg

このコンロが懐かしいなぁ。

とろーり軟骨が来ましたー。
DSCN3193.jpg

煮玉子で見えませんが、大きな軟骨が三個入っててメチャ味が染みてて美味かったなぁ。

 そしてモツ鍋がドーン。
DSCN3191.jpg

思わず「これで一人前なんですか?」って聞いてしまいました。

一人前を二人で食べるのが丁度いいくらい多いです。

もつプリップリで、出汁があっさりなので食べやすいです。

しかし野菜が多い、キャベツ・もやし・ニラなかなか減りません。
DSCN3196.jpg
ビールは二本目のハートランド。

DSCN3183.jpg
トッピングで、特製つくねとワンタン、豆腐を追加です。
DSCN3198.jpg

三杯目は、黒糖焼酎の れんとのロック。
DSCN3200.jpg

黙々と食べ続けて、ようやく
DSCN3201.jpg

〆に中華麺を投入あるいは雑炊をと考えてたけど果たせず。
DSCN3187.jpg

営業時間が長いので、土曜の夜中にまた来よ。

ワタクシたちが食べてる間にやって来たお客さん、何組も入れずでした。

早目の時間は予約した方がよさそうですよ。
08:29  |  外メシ 呑みあり  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2015.05.01 (Fri)

「ゴメンネJIRO」に入れたから超ご機嫌

 4月26日(日)つづき、

この日は朝早くから遠出した帰り道に住之江区の「湯楽」で

ひとっ風呂。

睡魔に襲われたので、眠い目をこすりつつ吹田まで戻って来ました。

お昼寝してたらマイラーズカップも終わってたから慌てて天満へ。

Wさんがこの日は山登りで遊んでくれへんのよ。


さぁ晩ご飯の時間やけど どこ行こ。

まぁ入れんやろうけど顔見せてアピールしとこかってな軽い気持ちで

「ゴメンネJIRO」の店前まで行ったら、

丁度カップルが一組出て来るところに遭遇。

これはもしかして。
DSCF0901.jpg

入れましたー、超ラッキーです。

忙しげなマスターに挨拶をして とりビー。
DSCF0890.jpg

頼む料理は ほぼいつも一緒。

前菜盛り合わせ。
DSCF0891.jpg

ごった煮スープ。
DSCF0893.jpg

ちょびっと海老フライ。
DSCF0895.jpg

ジロ風たたき。
DSCF0894.jpg

玉子のクリームコロッケ。
DSCF0896.jpg

若鶏の緑マスタード焼。
DSCF0899.jpg

そして、この日は絶対これで〆ると決めていた 梅じそピラフ。
DSCF0900.jpg

大満足の超満足、ビール3本吞んで5020円。

なかなか行けないのでまさに至福の時間です。

予約も取りにくいけど 未訪の方は是非一度は行ってみて。

(この日は奥のテーブル席のオバサンがメッチャ煩かったけど)




 ここでWさんからメール。

『今、伊丹で吞んでるねん、後で行くから待っててや』

「待ってるから~」と返事したものの不安になって来て

「何時ごろ来るん?」

『まだ伊丹やでぇ、出るとき連絡するわ』

これは相当吞んでるな危険やと予知能力が反応したので

「やっぱ今日は置いときましょ、もう吹田に帰ります~」と一方的に

断りのメールを送信したら ナシのつぶて。

Wさん怒ってるんかな、お互い深酒にならんでよかったと思うけど~。






08:20  |  外メシ 呑みあり  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT