FC2ブログ
2018年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2018.11.17 (Sat)

劇団松丸家 美寿々姐さんの誕生日公演

 14日(水)朝ご飯抜きで早めに出動、Nっしゃんと二人分のお弁当づくり。

いつものチンご飯の買い置きを切らしてたので、ご飯も炊いて

鮭塩焼き、チーズ入りナゲット、筑前煮残り、シャウエッセン、玉子焼と

俵型のオニギリ三個。
P1160279.jpg

 そうです、観劇どっせー。

十三の木川劇場で「劇団松丸家」、美寿々姐さんの41回目のお誕生日公演です。

ミニショーでは香西かおりの「無言坂」歌ってくれました、

聞き惚れるねぇ きれいな歌声でした。

芝居は劇団の十八番「母恋花」、5才になったあーちゃんが子役で奮闘です。

登場人物が少ないので、咲田せいじろう副座長のアドリブも不発気味。

一竜座から あおい竜也座長、風月光志副座長ほか若手座員がゲストだったので

子分役は多かったけど。

新吉(小弁太座長)とお吉(美寿々)は幼なじみで将来を誓った仲、

ところがお吉は相模屋に嫁に出されてしまう。

最初はよかったが、先代が亡くなって相模屋の身代が傾いていく。

亭主の清三郎は飲む打つ買うの道楽三昧、義母も『あんたが疫病神なんだよ』と

嫁いびり。

娘おしな(あーちゃん)を連れて家を出ようとしたところを見つかり身一つで

追い出されてしまう。

娘と引き離され悲しみの余り川に身を投げて死のうとしたところを助けるのが

盗賊の親分だった。

いつしかお吉は、「縄抜けのお吉」と二つ名を持つ凶状持ちに。

一方、新吉は十手持ちになっていた。

ここからの展開には少々無理があるけど、何故か相模屋の主人と母親が亡くなり

孤児になった おしなを新吉が育てている。

出合った新吉とお吉、縄にかかる前に 一目おしなに会わせて欲しいとすがる。

よくある親子の再会系のお話でした。

舞踊ショーもゲスト多数で時間が押し気味、サービス精神はいいんだけど

ラストショーの北の蛍が終わり、美寿々の口上の前にやむなく退出。

Sさんがこの日帰京されました、気をつけて帰ってね。


営業終わり、行ったろうやないかい三日連続の「十八番」。

ケチってワンコインの焼きそば定食にしてみた。
P1160282.jpg   P1160284.jpg

やっぱちょっと淋しいな。

スポンサーサイト
07:13  |  大衆演劇  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

2018.11.14 (Wed)

小さいとこと大きいとこを昼夜観劇

 11日(日)秋晴れの朝、行動開始です。

向かった先は丹波でも京都でもございません。

いつもの「げこ亭」でっせ~。


スカ師匠は北海道旅行ですが江戸からNっしゃんが来阪中なので三人で。

混んでたなぁ、奥の特別室に案内されたよ。

マグロと冷奴は鉄板です、残りの小鉢だけ変えてます。

この日は卯の花いや大衆的にはおからの炊いたん。
P1160258.jpg


ご飯の盛りも崖なし、合格です。

Nっしゃんからの海老フリャー。
P1160260.jpg

奥はメインをカレイの煮付けにしてた。(分かりにくい~)
P1160259.jpg

セトウチベーカリーに寄って昼パンを購入。
P1160261.jpg


クルマを置いて休日の観劇スタート。

今日は重なりまくりで、梅田呉服座で辰巳小龍姐さんの誕生日公演、

梅南座で劇団大川のロング公演で大川礼花嬢主演のアクトレス。

どっちも行きたいとこやったけど、

地元劇団の年に一度の公演チケット買ってました。

昼は大淀コミセンで「劇団さむらい」自主公演。

3人のファミリー劇団です、芝居はどうしても登場人物の少ない脚本に

なるのが欠点ですが、講談から江戸落語になった浜野矩随(はまののりゆき)

という話を大熱演。

第2部の歌と踊りのサムライショーも飽きさせない工夫たっぷりの

構成で場内大爆笑。

皐月 舞さんの歌唱はバツグンです。

早着替えに昭和歌謡ショー、三人の頑張りに、思わず侍Tシャツ買っちゃいました~。


マルさんはここで帰宅、Nっしゃんは朝日劇場で里見要次郎を観るというので

ワタクシもついて行くことにしました。

さすがは要次郎、日曜の夜の部というのにギッチギチの満席です。

この日は特選狂言「石川五右衛門一代記」。

缶ビール缶チューハイで寝るだろうなと思ってたのに

展開が面白くてずっと起きてました。

里見劇団恐るべし、芝居の本気度が違います。

昼夜はしんどいけど、朝日は座席もいいからね。


昼パンしか食べてなかったからお腹減った~。

9時近かったから酒の穴も終わってたしジャンジャン横丁も

片付け中。

そうなると「能登屋」さん。

まぁ、いつも同じモンしか食べんのやけど。
P1160262.jpg   P1160263.jpg

秋刀魚の塩焼きも食べとる。
P1160264.jpg


07:07  |  大衆演劇  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2018.11.11 (Sun)

木川劇場で「劇団松丸家」、座長の送迎もあります

 7日(水)夜「十八番」したから朝ご飯は抜き。

その分 気合い入れて弁当作った。
P1160218.jpg

のに、11時過ぎても酒屋さんが来てくれない。

劇場間に合わなくなっちゃう、ギリギリの時間になったので

酒屋さんに「夕方でいいです、出かけるので」とちょい怒り気味で

言うてまった。

『すみません、遅れてしまって』って言われたけど、いつもは正確なのよね。(ゴメンナサイ)

淡路で乗り換えて十三駅下車、速足で歩いたけどオープニング

始まってましたー。

今月初の「劇団 松丸家」。

芝居は「下田恋情話」、話の筋はよくあるやつなんやけど、

雷一家吉五郎(松丸家翔)の三下金太(松丸家美寿々)がよかった。

何でもこなす姐さんですなぁ、これだけの台詞を噛むこともなく

アドリブも入れながら流暢に。

さすが咲田せいじろうの女房です。

オーエス劇場に比べると舞台が小さいから見劣りは否めないんですけど。

正座したまま寝て捻挫した松丸家ちょうちょ嬢、早くよくなってね。



 夜、十八番をスルーしたのに「吉野家」に捕獲されてまった。
P1160220.jpg

忘れずつゆ抜きで頼みました。
P1160222.jpg   P1160221.jpg

P1160224.jpg
クーポン券くれたから また行かなアカン。
07:29  |  大衆演劇  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2018.11.07 (Wed)

梅田呉服座でたつみ演劇BOX、いつ観ても満足出来ます

 4日(日)二週間ぶりに「げこ亭」モーニング。
P1160178.jpg

初げこのm子さん親子とスカ師匠を乗せて、9時前に到着~。

まぐろとカキフライを悩んだ末、カキフライを選択(角皿二つはNGです)。
P1160180.jpg

ウーン、いつものオニイサン以外は盛りが渋いのぉ(崖が出来てます)、

タルタルももうちょっと入れておくれ。

ご飯はツヤピカでうんまいっ、カキフライも小ぶりやけどオイチ。

奥はワタクシに取られないようブリの照り焼きメイン。
P1160181.jpg

昼用にセトウチベーカリーでパン調達して帰宅。


少し休憩して梅田へGO!

本日は梅田呉服座で「たつみ演劇BOX」BOX(TEB)を観劇します。

早めに着いたので丸さんにメールしたら『T美さんと七津屋に居ます』と着信。

いつもながらのお早いお着きでございます。

席も押さえてくれたと言うので合流して前呑み、

ココは○ルツなので、角ハイを二杯。

お二人は瓶ビール3本吞んではったから、内心これは寝はるやろなと。

ところがワタクシが一番に寝落ち~。

この日の芝居は「男の花道」、ごっつエエ芝居でした。

歌舞伎役者 加賀屋歌右衛門(小泉ダイヤ)の芝居を観た眼医者 土生玄碩(小泉たつみ)

は目を患っていると見抜く。

東下りの途中の金谷の宿で とうとう目が見えなくなった歌右衛門、

生きていてもしょうがないと井戸に飛び込んで死のうとする。

偶々居合わせた玄碩の治療で奇跡的に歌右衛門の目が治る。

大喜びする歌右衛門、命の恩人 刎頸の交わりと契りを交わして別れる。


4年後、三度目の東下り 江戸中村座で歌右衛門の人気は沸騰

大看板の役者となっていた。

一方、玄碩も腕のある眼医者として名声を得ていた。

広島浅野家の家臣 田辺嘉右衛門(黒潮幸次郎)の酒席に呼ばれた

玄碩、『酒を吞め』『何か舞え』といわれるが、

そのようなことは出来ぬと拒絶する。

加賀屋歌右衛門にも断わられ、貴様も断るのかと怒りをぶつける田辺。

懐かしい歌右衛門の名を聞いた玄碩、思わず『私なら歌右衛門をこの場に呼べる』と

言ってしまう。

嘘をつけ、歌右衛門が来るはずがない、七つまでに来なかったら腹を斬れと田辺。

玄碩書状をしたため中村座へ持って行かせることに。


場面替わって江戸中村座、舞台では歌右衛門が「櫓のお七」を演じている最中。

太夫元東蔵(宝良典)が玄碩からの書状を舞台の歌右衛門に渡す。

歌右衛門の表情が一瞬にして変わり、舞台の幕を降ろして怒号飛び交う中、

満座の客に、玄碩とのいきさつを話し命の恩人の元へ行かせて欲しいと涙の訴え。

劇中劇の手法いいねぇ、この後がさらにいいんやけど

誰も読んでないやろうし疲れたから割愛します。

両座長、黒潮幸次郎上手いなぁ、小龍さんの出番が少なかったけど。

ボス辰巳龍子が見れたし良かったとしましょ。

舞踊は小龍さんの梅川が艶っぽくてえがった。

たつみ演劇BOXは、完成度の高い劇団です、座員も多いから

芝居の奥行きが広がりますね。

若手座員にエエ役が回らないのだけが弱点です。

この後の公演予定をパチリ。
P1160182.jpg

終演、さぁ反省会は伊丹に移動して。

続きは明日にしよ。
07:31  |  大衆演劇  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2018.11.03 (Sat)

千秋楽も劇団松丸家、せいじろうの暴走がタマランばい

 30日(火)夜十八番の次の日は朝ご飯抜き~。

早めに天満に出て来てお弁当作り。

この日は、冷食はミンチカツだけ。

ご飯も炊いて🍙にしたし、ケチャスパにもピーマンとベーコン入れた。

鯖も焼いて玉子焼も作って手作り多めの弁当の完成です。
P1160123.jpg


 ってことは、そう千秋楽の「劇団松丸家」でっせー。

お芝居は「うぐいす侍」。

これがメチャメチャよかったのよ、筋書きは省くけど。

ラストショーの次郎長と富士まで 飽きることなく三時間五十分。

アカン、小弁太座長サービスし過ぎ まるでロング公演なっとるがな。

慌てて天六に戻って営業、

無事に終わってあまりの空腹を我慢できず二夜連続の「十八番」。

大好きな広東風あんかけ焼きそば定食680円をライス小で。
P1160126.jpg  P1160127.jpg

P1160128.jpg

美味しいなぁ、好きやねんこの太麺 チープなんやけど。


今月の観劇のまとめ。

松丸家小弁太12回+ミニショー

不動倭 1回。

10回までに しとこうと思ってるんやけど ムリでした。

11月は、木川劇場の松丸家小弁太中心に

梅南座の劇団大川 鈴成り座の鳳凰座 梅田呉服座の たつみ演劇BOX

かな。

11日の劇団サムライの自主公演も行くけど。

呑み食べツアー出来そうもないな これじゃ。
07:25  |  大衆演劇  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT