FC2ブログ
2020年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2020.07.11 (Sat)

大阪初見参「劇団美松」を鈴成り座で見ました

5日(日)、休日につき朝食を作るという人は誰も現れず、

パーキング付のモーニングで一番安いところへ行くことに。
(すき家の方が安いけど行ったとこやから)

「マクドナルド」東淀川豊新店(勝手に命名しといた)、
IMGP5406.jpg

那覇で食べたんと同じの頼んでる。
IMGP5407.jpg  IMGP5408.jpg

これくらいでエエねん今日は、11時にお昼食べるから。

家で休憩して、JR南吹田からJR今宮へ。

「ぎょうざや」に行くのに我が家から一番近い(最寄りの津守駅は行きにくい)はずでした。

今宮駅で降りて最初の角で間違いました、15分足らずで着くはずだったのに、

35分歩き続けて何とか鶴見橋商店街を発見、どんだけ~って遠回りをしたみたい。

本日のリハビリはこれにて終了やな。

とりあえず餃子3人前~。
IMGP5409.jpg

ビールが美味すぎる、喉渇きまくってたからねぇ。

ニラレバいやレバニラ、そんなんどっちでもエエし~。
IMGP5410.jpg

春巻も美味しいねん。
IMGP5411.jpg

あぁ美味しかった、急がないと間に合わんやん。


鈴成り座に着いたらミニショー始まっとった。

本日の劇団は東京演劇協会所属、関西では滅多に観れない「劇団美松」でっせー。

座長は松川小祐司、松川翔也の二人と事前学習してたのに翔也は居らんかった。

飛んだんかな。

副座長 大和歩夢、後見 旗 丈司、太夫元松川さなえ、南 雄哉、金井保夫

特別出演 天夜叉、空馬大倫。

芝居は、「車屋さん」。

網元(旗丈司)の息子が江戸から嫁になる女を連れて帰ってくる

仮祝言の準備で忙しいところへ貧乏漁師の定(松川さなえ)が、

ウチの妹お千(若手)と若旦那(大和歩夢)は、親同士が決めた許嫁じゃないかと

やってくるが網元は取り合わない。

身を投げて死のうとしたのを止めたのが芸者の君竜(松川小祐司)だった。

事情を聞けば、許嫁が別の女と一緒になるのが悲しくて死ぬという。

その許嫁こそ君竜だった。

一計を案じた君竜は車夫(南雄哉)に頼んでひと芝居打つことにする。

気風のいい深川芸者?を座長が演じます。

声が若干かん高いから女役に合ってました。

関東の劇団だからかアドリブがあんまり面白くなかったな。

客入りは上々、関東からの追っかけなのか。

まぁ一回で見限るのはアカンからもう一回観ようと思う。

ショーは、通り一遍な気もしたけど個人舞踊はなかなか魅せます。

女性陣は特別出演の天夜叉の怪しさに惚れ込んでました。

ほな、後ろの席に居たSさんも一緒に4人で反省会行きまっしょい。
 
スポンサーサイト



07:25  |  大衆演劇  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2020.07.10 (Fri)

旗揚げ一年の「正舞座」が池田に帰って来ました

 4日(土)夜に「十八番」寄ったのにお腹空いてた朝。

神徳温泉に行くんやけどモーニングよりご飯食べたかったから。

久しぶりに(どこ行っても久しぶりやねんな)「すき家」へ。
IMGP5379.jpg


奥はいつもの まぜのっけご飯少な目朝食320円。
IMGP5382.jpg

ワタクシ新発売のんにしてみた、粗挽きソーセージ定食400円。
IMGP5381.jpg

IMGP5385.jpg

生卵はお返ししました、黒胡椒が効いててご飯がススムわ。
IMGP5386.jpg

上のムスメが特別給付金でかの有名なメーカーの掃除機を買うと言うので

尼崎のコストコへ。(ワタクシはクルマで待機でした)

 買い物終えて、洋食好きなムスメのためにワタクシが選んだお店までビューン。

塚口にある「アルハンブラ」さんです。
IMGP5398.jpg  IMGP5387.jpg

IMGP5397.jpg
タイムサービスがあったから、ランチを一つと特製弁当一つ。

ワタクシはフライ盛り合わせにしたで。

ムスメはオムライス。

もっと高いのも色々あります。
IMGP5389.jpg

サービスランチがドーン。(この下にスパも隠れてた)
IMGP5391.jpg

奥の特製弁当はバランス重視です。
IMGP5394.jpg

そしてムスメのオムライス。(反対向きやけど)
IMGP5396.jpg

ワタクシのフライ盛り合わせ。
IMGP5392.jpg

海老フライ2本、貝柱フライ2個、白身魚2切れ、ポテサラ、サラダ、オレンジ。

別添えの手作りタルタル。
IMGP5393.jpg

エエわー、街の洋食屋さんですねぇ。

スープじゃなくてカップで味噌汁も。
IMGP5395.jpg

駐車場があるのもありがたいです。(2台分やけど)

吹田まで帰って来たら雨が激しくなって来て、夜の観劇に赤信号。

4時には雨も上がったので、池田呉服座へ。
IMGP5399.jpg

今月は正舞座公演、旗揚げして1年経ったばかりの

劇団で要 正大座長が率いてます。

劇団紫吹や恋川純弥座長のところで経験を積んだ実力も兼ね備えた役者です。

ただ劇団員はまだまだ若手が多くて、奥さんの颯天 蓮(そうまれん)以外はこれからってところでしょうか。

今月は、南條光貴劇団から二人の座員とゲストで回してます。

この日から三日間は、かつき夢二座長がゲスト、9日からはワタクシも大好きな長谷川桜が

やってくるようです。



 この日は新作特別狂言でしたから芝居からの開演でした。

親子の情愛を描く人情劇で、父親の後妻に入ったお静(陽月ゆり)とはなさぬ中の

香月鉄太郎(要正大)は、上村道場の師範代を務めるも父親の死後は、

腕は立つものの素行が悪くて手が付けられない。

お静の連れ子の数馬(颯天 蓮)は、義兄鉄太郎に似ず真面目な働き者だが

鉄太郎はそれも気に入らない。

上村道場の道場主(かつき夢二)は弟子たちを集めて、この辺りを騒がす山賊を

退治するため、その先鋒をかってでる者を募るが誰も名乗りをあげない。

 くじで決めることになってその役を引き当てたのが鉄太郎。

何せ多勢に無勢、命の保障もなく誰しもが犬死すると知っていた。

荒れ狂ってお静に八つ当たりする鉄太郎は、そのうち何もかもを死んだ父親のせいだと

言い出す。

それをビシッと諫めるお静、この啖呵が小気味いい。

元々は使用人、父上に迎えられて後妻に入っても鉄太郎には逆らわずに

生きてきた人生だった。

見当たらない数馬が、自分がクジに当たったと死を覚悟で単身乗り込んでいったことを

聞き、涙にむせぶ鉄太郎、数馬のもとに駆け付けて力を合わせて成敗に成功する。

お上からの過分な褒美を持って現れた道場主、改心した鉄太郎に道場主を譲るという。

鉄太郎は褒美の金は自分が受け取ったものだから好きにしていいかと尋ね、

義母のお静に差し出す。

数馬は道場主の娘おゆきとの結婚を認められ、これからは兄弟力を合わせて親孝行していこう。

チョーン。

 よくある筋だけど、まとまっていてよかった。


舞踊ショーは人数が揃っているし座長と颯天 蓮、陽月ゆりの芸達者をちりばめて

飽きさせません。

かつき夢二は、ひと昔前の座長やなぁって感じやけど歌も芝居も上手い。(太り過ぎ)

後見で太夫元の かつき浩二郎のアナウンスが古臭く感じたのはワタクシだけかな。

夜は、ヤマザキのランチパックと🍙一個。
IMGP5403.jpg

たまごをよく食べてたけど、たまご&マヨネーズは味が濃くなりすぎ。

送り出しは止めていて最後は舞台でハイポーズ。
IMGP5405.jpg
07:17  |  大衆演劇  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)  |  編集  |  Top↑

2020.07.04 (Sat)

さようなら賀美座、8月に明生座でお待ちしてます

 28日(日)本当は買った日に食べるべきなんですが、大概翌朝に食べてます。
IMGP5309.jpg

胡瓜の占める比率が少し下がった気もするけど、やっぱり美味しいねん。

二人で一本だとちょっと少ないかな、といって一人一本はもう食べれないジジイです。

豆腐とアオサの吸い物を一緒に。
IMGP5311.jpg

10時に家を出て今月の最終観劇に浪速クラブへ。

南吹田駅に着いたら新大阪行が発車したとこやったから、8分発の久宝寺行きに乗車。

久宝寺で大和路快速で新今宮下車。

時間は10分以上余分にかかるけど、鉄道好きには何の問題もナシ。

久宝寺駅で乗り換えるとき、ここから送迎バスに乗れば浅井劇団観れるなと思いつつ。

「酒の穴」で開演までの前呑み。
IMGP5312.jpg  IMGP5313.jpg

賀美座の芝居は「三人島蔵」、てっきり三人出世みたいな話かと

思ってたら全く違ってて案外面白かった。

勝 彪華が戻って来てから芝居の幅が広がったのは劇団としてもいい。

ショーは、どこの劇団にも負けてない。

あとは座長のダイエット待ちや、来月和歌山で8月明生座やから

それまでに痩せてください、ワタクシも足を治しときますから。

 
 観劇の後は串カツ「花道」さん、ここが空いてるのが不思議なくらいです。

種類も多いしカラっと揚がってて美味しいのに。
 IMGP5314.jpg  IMGP5316.jpg

IMGP5315.jpg  IMGP5318.jpg
ハイボールも濃い目です。


家に帰り着いてコテンと寝たら、夜中に目が覚めた。

食べなきゃいいのに、UFO食っとる。
IMGP5319.jpg  IMGP5322.jpg

冷蔵庫にあった温泉卵をパクって。

これでグッスリ眠れそうや。
07:40  |  大衆演劇  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2020.06.26 (Fri)

高槻千鳥劇場に行ったら「餃子天国」に決定

 21日(日)朝、長いこと行ってないなぁってことに気づいたら居てもたってもいられず、

朝うー食べに「釜揚げうどん 一紀」まで。

7時半の開店ちょうどに着いたら、すでに満席で15分くらい待つことに。(なぜか古いのん使ってるで)
IMGP5117.jpg

ワタクシぶれずに釜玉450円、奥はカレーうどん。
IMGP5119.jpg  IMGP5122.jpg

やっぱ美味いなぁ一紀のうどん。
IMGP5124.jpg

カレーうどんは絶対お得やで。
IMGP5120.jpg

家に帰ってちょっと仮眠したら、阪急で高槻市駅集合。

たつみ演劇BOX見る前に、餃子天国で軽く呑んじゃお。

餃子4人前。
IMGP5125.jpg

酢豚と焼きそば。
IMGP5126.jpg  IMGP5127.jpg

春巻も食べてみよ。
IMGP5128.jpg

高槻の昼はココで決まりやなぁ、安いけど美味しいもん。

ビールは〇ルツやからOUT。


たつみ演劇BOXは一部お芝居「弥太郎笠」、新ってついてたかも知れん。

80分超えの芝居、力量のある役者が最低5人いるから、他所ではムリな芝居。

旅に出ていた清太(小泉ライト)が一家に戻って来て、

堅気になりたいから盃を水にして欲しいと頼む。

ある女と所帯を持ちたいと。

親分(宝良典)快諾したところへ、顔を見せた小菊(辰巳あさみ)は、親分が身請けしようと

していた女。

こればっかりは許せねぇと小菊を奪い取り、清太の額を割って追い出す親分。

割って入ったのが音松(小泉ダイヤ)この場はあっしに任せてくだせいと引き取る。

後は俺に任せろといって奥に引っ込む音松。

怒りのおさまらない清太は、鉄瓶にやもりを入れて立ち去る。

清太の仕業と分かった親分は、音松に清太を始末して来いと申しつける。

やむなく清太を追う音松。

これで大丈夫だなという親分に丑松(愛飢男)が、心配だなぁあの二人は兄弟分でも

一番仲が良かったから、親分を斬りに戻って来るんじゃないかと言い出す。

困った親分は、兄貴分の信吉(黒潮幸次郎)を追手に出して二人を斬って来いと命じる。

丑松重ねて あの三人は一家の三羽鴉と言われた男、

一緒になって親分をやりに来るかもと言う。

心配になった親分、全員で後を追おうとしたところへ、一家に草鞋を脱いでいる弥太郎(小泉たつみ)が

戻って来る。

自分に都合のいいように、話をでっち上げた親分、弥太郎に斬りに行ってくれと頼む始末。

ホンマ長い芝居、侍が嫌で家を飛び出した弥太郎が最後はスカッとさせてくれます。

小龍姐さん出ないのかと思ったら武家の使用人で出て来て、弥太郎に村上家に戻るよう

説得する役でした。

信吉の母親役で辰巳龍子が観れたのも久しぶり。

正統派の劇団だなぁ、安定した人気がありますね。

たつみ座長の喋りは一級品、些細なことでもうまく仕上げるお笑いのセンスがバツグン。

高槻駅前のお店は日曜休だったので、JR高槻から尼崎まで一気に移動。

二週連続の「いそかわ」さん。

ガラガラーって開けてビックリ、Wっちさんが居てました。

何の約束もしてないのに、「いそかわ」さんで会うとは。

あの事故の日以来、ひげ面で最初メチャ似た人かと思ったくらい。

楽しかったなぁ、肴もぜーんぶ美味しかった~。

07:22  |  大衆演劇  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)  |  編集  |  Top↑

2020.06.25 (Thu)

賀美座と初顔合わせの長谷川劇団ゲスト、双方の良さが出てました

 20日(土)午前4時前にトイレで起きて、「日本の話芸」見れそうやから

そのまま起きとくことにして朝ご飯の用意した。
IMGP5098.jpg

スカ師匠のブログ見て美味しそうだったので、素麺を味噌汁に入れてみました。
IMGP5099.jpg

超音波治療して集合場所の「大寅食堂」へ。

えーっ、朝からチリトリ鍋ですか。
IMGP5103.jpg

煮えるまでカレー味の肉じゃがを。
IMGP5101.jpg

ハラミとアカセン美味すぎちゃん。

野菜とテッちゃん追加~。
IMGP5104.jpg

ほな浪速クラブ行きましょ。
IMGP5105.jpg

賀美座にゲスト長谷川武弥と愛京花、ワクワクするなぁ。

第一部お芝居「籠の鳥」、愛京花主演って言ってたけど不動倭主演やったな。

短い時間の稽古でこれだけの芝居が出来るのはやっぱりキャリアやな。

ヒロインの役をゲストの京未来にさせてたけど、ワタクシは宝華紗宮子で見たかった。

それにしても愛京花はキリっとしててカッコエエわ。

いつもお会いする『京花、京花❕❕』って叫ぶオッチャン、この日も居ました。

賀美座だけでも楽しいのに武弥やあ愛京花も見れて特別料金にならない

浪速クラブが一段と気に入りました。

このあとちょっとハプニングがあって、当初の店とは違ったけど

「からし志」で反省会。
IMGP5107.jpg

お造りも一人分ずつにしてくれました。

ゲソにタコ。
IMGP5106.jpg  IMGP5108.jpg

お寿司は巻き物ばっかし。
IMGP5109.jpg  IMGP5110.jpg

IMGP5111.jpg  IMGP5112.jpg
最後ににぎりをみんなで分け分け。


「能登屋」閉めたってNっしゃんに聞いてたけど
IMGP5114.jpg

再開するみたいです、お母さん元気かなぁ。
IMGP5113.jpg

時間が早かったので、「平野屋」にも寄ってる。
IMGP5115.jpg  IMGP5116.jpg

もう覚えてませーん。

07:35  |  大衆演劇  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT