2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2017.07.28 (Fri)

堺から三宮、行動力では若者です

 23日(日)休みの日は早く目が覚める。(休みでない日も同じや)

この日は観劇に行く予定がなかった(芝居が分かってた)ので、何の予定もなかった。

朝うーも奥は付き合わないというもんだから、困った時のスカ師匠頼み。

「おはよーございます、どっか行きませんかぁ」とLINE送ったら

数十秒後には『行きましょっ』と返信が来たので、勝手知ったる師匠んち近くの

ローソン駐車場へ。

師匠の朝ご飯希望はまたまたアノお店。

「げこ亭」さんですー。
P1070995.jpg

教えを守ってオカズは厳選。(いつも変わりません)
P1070996.jpg

ナスの炊いたん200円と玉子焼200円。

味噌汁は高い方のシジミ汁200円。

ご飯150円の盛りは どうみても大ですな。
P1070998.jpg

炊き立ての竈ご飯は、甘みがあって美味すぎる~。

師匠は鯛カブトの荒煮きをホジホジ。
P1070997.jpg

あー美味しかったなぁ。

で、スカ師匠に「この後のご予定は?」と恐る恐る尋ねると

『今日は特に用事ないねん』とのこと。

それじゃどっか行きますかね もちろんクルマ置いて。


家にクルマを置きに帰ると奥が、

『お帰り、芝居行くの?』

「行かへん、スカ師匠と神戸行くねん 行く?」と答えたら、

『行くわ、ちょっと待ってて』と予期せぬ返事。
(お土産のベーカリーセトウチ効果やな絶対)

阪急で三宮西口からセンター街抜けてお目当ての「赤萬」本店。(この時は準備中)
P1080009.jpg  P1080010.jpg

早すぎましたー。

ほな毎度のお店で時間待ちしましょか。(失礼な使い方でスンマセン)

「大衆食堂 金時」さんでっせー。
P1070999.jpg

    P1080008.jpg
サービスタイムでなかったのが残念。

軽いつまみ持って来てカンパーイ。
P1080003.jpg

イワシの煮付けと焼き立ての出し巻き。
P1080004.jpg  P1080005.jpg

後はこの2品。
P1080002.jpg  P1080006.jpg

これだけで大ビール三本とチュウハイ1杯とは呑んべの証し。

ほな丁度エエ時間になったので もっぺん「赤萬」行きましょ。

明日のこころだぁー。(古いっ、分かる人はかなり年くってます)
スポンサーサイト
07:09  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2017.07.27 (Thu)

主食はご飯ではなくマグロです、お茶代わりにビール

 22日(土)週末は家ご飯ってのがフツウなんでしょうが、

我が家は奥の休養日。

なので、独り江坂で「街かど屋」ご飯。
P1070967.jpg

ベーコンエッグの朝定食430円が追加メニュウになっとった。
P1070968.jpg

30円高いから選びませんけど。


 土曜日によく行く近所のスーパーに行ったら人気がなかった。

いつも流行ってるのにおかしいなとクルマを降りたら、

7月20日で破産申請して閉店したとの告知文が貼リ出されてた。

ありがとうSAKURAスーパー、好きなお店やったのに残念や。

先週は元気に営業してたのに。(何人もの人が写メ撮ってた)


昼、天神橋筋商店街の「まぐろや」さん。
P1070971.jpg  P1070972.jpg

土日は昼ご飯が食べれます。

ご飯は止めとこ、喉渇いてたからBEER頼んで、
P1070974.jpg

大トロ550円とマグロ切り落とし450円。
P1070977.jpg  P1070975.jpg

美味いがな まぐろやって言うだけのことあるやん。

椅子席でも付き出し料300円不要になってる。(立ちではなくなってます)

鉄火巻も言うたけど これは色がわるかった。
P1070978.jpg

白エビのかき揚げ350円。
P1070979.jpg

小っちゃいけど3個も出てきた 塩レモンで食ったらうまー。

二本目のビールが残りそうになったから スジ200円と厚揚げ130円。
P1070980.jpg

これは三宮の「司」がフォール勝ち。



一週間の仕事終わりに「一心」さん。
P1070981.jpg

さて何食べよ。(カンパーイ画像無いけどしっかりビールは吞んでます)
P1070984.jpg

のどぐろのお造り。
P1070982.jpg

脂のっててメチャ美味い(CPはよくないけど)。

やっぱマグロでしょ。
P1070986.jpg  P1070987.jpg

赤身で十分です旨味が口中に拡がりますのねん。

サヨリと真さば。
P1070989.jpg

納豆巻と山ごぼう巻。
P1070990.jpg

うなきゅう巻も来たー。
P1070991.jpg

さぁ明日は日曜や 何して遊ぼっかな。(ホンマは済んでるけど)
07:37  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2017.07.26 (Wed)

平日の「くら寿司」では お得な130円のかけうどんが必須

 21日(金)朝風呂に行きたかったので、旭区の「神徳温泉」までバビューン。

クルマを停めて近所でモーニング。
P1070942.jpg P1070945.jpg

さっぱりしたところで連日の吹田市役所~。
P1070947.jpg

身内贔屓と思われるでしょーけど、吹田市役所の対応はその前に済んでた○阪市より

数段イイ、窓口の人も案内の人も親切で腰が低くて笑顔。

○川区役所なんて、相談に言っても木で鼻をくくった上から目線やったもんな。
(今は改善されてると思うけど)


観劇に行かない日は時間がたんまりあるから遅めの昼ご飯。

先週の金曜日と同様「くら寿司」、便利なんやもんお手軽やし。

この日の目標は二人で千円以内。

お腹を満たすために平日限定のかけうどん130円、トッピングのイカ天が

遅くなったらイヤなので先にイカ天から発注。

P1070955.jpg  P1070957.jpg
やっぱりうどんが先に来た、時差1分ではアカン。

イカ天の方がボリューム感がありまふ。
P1070958.jpg

天ぷらのボタン?押してから5分後にうどんを頼めばいいのかな。

後は鉄火やサラダ巻。
P1070961.jpg  P1070951.jpg

P1070964.jpg  P1070959.jpg
あぶりえびチーズにイカなど。

二人で7皿とうどん1杯、お会計は1000円でお釣り、目標クリアでけたー。
P1070962.jpg

07:28  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2017.07.25 (Tue)

炎天下に お役所を三ヵ所回った日のこと

 20日(木)朝ご飯はハムエッグ、豆腐とアオサの味噌汁。
P1070918.jpg

急いで食べ終えて、この日はお役所回り、日本年金機構から国民年金に加入せよとの

指令がついに届いてしまったのよね。

まずは吹田市役所に行って、国民年金1号への切り換えをすると同時に免除申請を申し出。
(年金の受給資格は満たしてるから1年か2年くらい国民年金に入っても増えるのは微々たる額)

その裁定が出るまで国民年金の振込用紙が来ても支払わないようにと念を押されましたが

端から支払う気も能力もございません。

続いて吹田の社会保険事務所に行って、年金の繰上げ支給の仕方とその手続きを学ぶ。

思ったより減額されるけど、身体に自信のないワタクシは65歳まで待てません。

ついでやから公立学校共済組合にも行って共済年金の繰上げ支給についても勉強しといた。

いずれにしても面倒な手続きや、すべてはゼニのためいや自分のためやから仕方ないけど。

久しぶりに公務員の方とやり取りしたけど、地元市役所が一番対応がよかった。

最後の古巣のトコが未だに対応がなってなかった。(情けないな)



クルマを府庁の駐車場(一時間600円もするど)に停めてたので、近所で昼ご飯食べて帰ろ。

谷町筋を西に渡ってランチのお店を物色してセレクトしたのが

うどんの専門店、店構えからも美味しそうでんな。


ワタクシ天ぷらぶっかけ二玉980円(3玉まで増額なし)、
P1070930.jpg P1070933.jpg

奥は日替わり定食830円。
P1070927.jpg   P1070928.jpg

ちょっと細めですが綺麗に盛り付けられて美味しそう。

ぶっかけつゆを掛けてツルツルーッ。

ん?

薄いぞ、つゆを更にかけたして土生姜もおろし大根もかき混ぜてズズーッ。

うどんの水切りがてんでダメです、どうしても水っぽいんよ。

奥に「何かうどん水っぽくない?」と小声で聞いたら

『あんたのんも薄いん?』

二玉食べ切るのが苦痛でした、ざるうどんにすりゃよかったな。



夜は、最終までに急いで「十八番」。

P1070934.jpg
ハーフ&ハーフの小ご飯590円、まずとりビーから。
P1070935.jpg

P1070936.jpg  P1070938.jpg


P1070939.jpg
奥は中華丼のご飯少な目。

やきそば付くならライス無しでよかったと反省。

07:29  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2017.07.24 (Mon)

劇団 都「妻恋しぐれ」涙涙の物語です

 19日(水)朝、『うどん出来たよー』との声でリビングに行くと

Kっしーからもらった「手打十段うどんバカ一代」がワタクシの注文どおり

釜玉うどんになってた。
P1070871.jpg

「卵は自分でかき回すのに~」っていうと、

『割る時に壊れてしもうてん』

おかしいなそれにしても卵が固まってないなと思いつつズルズルー。
P1070873.jpg

ウッ、つ、冷たいやん。

「う、うどん冷たいんやけど~」と恐る恐るクレームを付けたら、

『そうやったん、まちごうたわゴメン』と何ともあっけらかんとしたものでした。

何度もワタクシの熱々の釜玉を「一紀」で見てるハズやのに・・・・・・・

それにしても細目のうどんながらコシもしっかりしてて中々満足度の高いうどんでおました。

残り一食は必ず釜玉でいただこう。



P1070876.jpg
昼、炒飯弁当持参で明生座へお出かけ。

この日の芝居は「妻恋しぐれ」、初見だったからどんな話かな。

最初の場面は、住吉っさんの祭りで賑わう茶店のシーン。

木津川一家の三下の三太(花形光乃みな)とお嬢さんのお花(華乃せりな)が、

鬼塚一家のヤクザ(京乃 廉と京乃そら)にからまれる。
P1070878.jpg  P1070879.jpg

通りかかった流れ者の清太(京弥座長)に助けられるが、

清太は不覚にも背後から刺されてしまう。

木津川一家の親分(副座長)に厄介になり半年後には傷も癒えたのだが

故郷の奥州仙台の鳩羽村は大変なことが起きていた。

清太の帰りを待つ身重の女房おせい(ななみん)は横恋慕した浪人者に

襲われ、止めに入った親分が殺されてしまった。

すんでのところで逃げ、玉のような男の子を産んだおせいは心労で盲目になってしまう。

男修行の旅に出て戻らない清太を探して

木津川一家に辿り着いた子分の吉五郎(藤乃かな)。
P1070887.jpg

かくかくしかじかで若親分、一緒に鳩羽村に帰ろうと言う吉五郎。

 しかしその頃、清太は木津川の親分から妹のお花と一緒になってくれと懇願されて

世話になった義理から嫌ともいえず渋々頷いてしまっていた。
P1070884.jpg  P1070885.jpg

このまま帰ってくれと言う清太、

『田舎のうわばみ一家と木津川一家を天秤にかけるんですかい』と怒って

杯を水にする吉五郎。
P1070905.jpg

そこへ盲目になったおせいが杖を手に乳飲み子を抱えてやって来た。
P1070889.jpg

P1070890.jpg  P1070898.jpg
義理が重たい渡世人の社会、いくばくかの銭を与えて女房と子どもを

泣きながら田舎に見送る清太。


その話を聞いていた木津川の親分、お花とともに表に出てきて

『事の仔細はわかった、田舎に帰ってやればいい』とお花との縁談を破談にする。
P1070906.jpg  P1070907.jpg

木津川の親分に深々と礼をして おせいの後を追う清太。

最後はめでたしめでたしとなるのだが、最初にお花との縁談を切り出されたときに

スッパリ断ればよかっただけのこと。

それが出来なかったのは清太がお花に手を出してたからというのが大事なとこ。

盲目のななみんの健気な熱演が芝居を盛り上げてたねぇ。
P1070899.jpg

P1070909.jpg


夜は、ゴーちゃんからもらった王将の餃子を立ち食いで。
P1070914.jpg



 
07:40  |  大衆演劇  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT